冬の山旅日記~日帰りで行く青と白の世界・黒斑山(14/12/27)~中編

昨日からお届けしております冬の山旅日記・黒斑山編。
前編では車坂峠・標高1973mから黒斑山・標高2404までの山行をお届けしました。
http://koshino.at.webry.info/201501/article_2.html

中編では黒斑山山頂周辺からの絶景の模様をお届けいたします。

山頂に着いた時は、雲がかかっていましたが、ここでランチ。
サーモスポットのお湯でカップヌードルをいただきます。
すると、徐々に雲が取れてきました。

こちらは奥秩父の山々。右から瑞牆・金峰・甲武信と続く山々。その奥には富士山が顔をのぞかせています。
画像


目の前には浅間山。きれいな雪化粧です。
画像


40分の休憩ののち、今度は来た道をまずはトーミの頭までもどっていきます。
画像

こんな素敵な雪道。

晴れてきたので、絶景連発。
画像

こちらは左に富士山。右手に連なるは八ヶ岳。その尾根の間から南アルプスの駒ケ岳なども見えていますし、太陽に輝いているのは風で舞う雪。きれいすぎますね。

もう少しズーム!
画像


トーミの頭へは15分(標準25分)ほどで戻ってきました。さあ、絶景タイムですよ~。
こちらは南アルプス。
画像


こちらは美ヶ原・中央アルプス方面。
画像

雲が多いですが、左手奥にうっすら見えるのが中央アルプスの峰々。

そして、こちらは北アルプス。
画像


槍穂をアップ!
画像


黒斑の雪化粧した木々と青の世界。
画像

これぞ雪山ならではのコントラスト!

10分ほど、大展望を楽しんだのち、下りへ出発。ということで、中編はここまで。
後編は下りの模様をお届けしますね。
http://koshino.at.webry.info/201501/article_4.html