ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の山旅日記〜紅葉日帰りハイク・日光霧降へ(後編・霧降の滝歩き)

<<   作成日時 : 2014/10/30 22:25   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

前編では霧降高原から大山を経由し、猫の平・標高974mまでの道のりをお届けしました。
http://koshino.at.webry.info/201410/article_29.html

会社の先輩方との日光紅葉ハイキング・後編では、12時25分、猫の平を出発し、霧降川へと下っていくところから始まり。

猫の平を出ると、間もなく樹林帯の下りへ突入。
そこそこ急な下りが15分ほど続きます。滑らないように気を付けながら下りますが、こちらの方が日当たりが良いのと、まだ落ち葉が少ないこと、木々が多く、つかまれるところも多く、滑ることなく下りていきます。
ただ、このルート、猫の平までもそうですが、踏み跡だけが頼りで、山によくある木々に赤テープなどはほぼ皆無なので、笹が茂ってわかりにくいところがありますので、冷静に!

この辺りになると標高も800m位まで下りてきます。紅葉もこれからって感じの木も多いです。
画像


20分ほどで下り、マツクラの滝への分岐点へ到着。左へ折れると目的地のつつじ平方面ですが、せっかくなので霧降隠れ三滝を回ることに。まずは右へ折れて、マツクラの滝へ。分岐から5分弱。霧降川に架かる木の板の橋を渡ると、その滝が現れました。
画像

マツクラの滝です。

滝のそばへと近づいていくと、滝の脇の木々の紅葉がまさに黄金色に輝いていました。
画像

写真じゃなかなか魅力が伝わらない。実物はもっと輝いていました。

マツクラの滝をアップ!
画像


5分ほど滞在し、12時55分出発。マツクラの滝から先ほどの分岐まで戻り、霧降川沿いにまいたり、川近くに沿ったりと、ついたり離れたりと、緩いアップダウンの快適ハイキングルートを進みます。

渓流が織り成す景色って、やっぱいいですよね。
画像


そして、紅葉も色づき始めていて、きれいです。
画像


マツクラの滝から15分ほど、13時10分、、次の滝、玉簾の滝へ。
ちょっとアップ。
画像


展望台から少し降りたところを折れて河原沿いに玉簾の滝方面へも進めます。往復で5分ほどです。
滝の本当の下まではちょっといけません(渓流シューズとか、川に足首くらいまでつかれば行けます)が、それでも全体がしっかり見えます。
画像


そこからハイキングルートへ戻って、すぐ、今度は隠れ三滝の最後、丁字滝への分岐へ。再び木の板の橋がかかる霧降川を渡り、少しだけ登ります。玉簾の滝から5分ほどで、丁字滝に到着です。
画像

これで三滝を制覇です。こちらもなかなかいい滝ですね。

13時25分に丁字滝を出発し、再びハイキングルートへ戻り、霧降川沿いを歩いていきます。
画像


そして、丁字の滝から15分ほど、13時40分、霧降川を再び渡ります。こちらの橋、ちょっと落ちかかっていますが、増水していなければ問題なく通れます。ただ、増水時は要注意です。
渡ってから間もなくすると、霧降川から離れて、階段状の登りへ。この階段ですが、土が流出して、ちょっとハードル競争になっちゃています・・・。そんな階段がところどころある登りを約15分で、バスの車道に出てくれば、登りは終了。

バス車道とはすぐ離れて、のんびりしたハイキングルートをゆっくりと下ります。
画像

約10分ほどで、霧降の滝園地・標高740mへ到着です。

ここにあった1本の木が、凄いきれいな紅葉でした。
画像

そう、後ろの赤いもみじ。近寄って、アップにしてみました。
画像


で、ここまで来たら、もう観光地ですけど、霧降の滝観瀑台にも行っちゃいましょうということで、徒歩5分ほど、観瀑台へ。残念ながら、午後は滝の付近は陰になっちゃって、ちょっと残念な感じですが、でも立派な滝ですねえ〜。
画像


ちょっと引いて取ってみました。赤薙山等もきれいに見えますね。いい光景です。
画像


観瀑台から園地、そして2〜3分下った、霧降の滝入口バス停に14時35分に到着し、本日のハイキングは終了です。

さあ、この後は温泉。歩いていくと少し遠いのでバスの時間でどこに行くか決めようと思っていましたが、日光駅方面は1時間以上空いていて、霧降高原方面はちょうど5分ほどで来るということで、霧降高原方面に決定。
すぐにやってきたバスに乗って、朝バスで通ったルートを戻って、約5分強、高原橋で下車。
バス停から橋を渡ったところにある大江戸温泉物語日光霧降で立ち寄り温泉です。入浴料は700円。
6階にある展望風呂&露天風呂ですっきり。無色透明の炭酸水素塩泉。露天からは歩いた大山の稜線も一望でき、高原のひんやりした空気が長湯するには気持ち良かったです。

約1時間の温泉を楽しみ、16時の大江戸温泉さんの無料送迎バスで、東武日光駅へ。700円でお風呂に入れて、無料で駅まで送ってくれるとはなんとお得なんだ!大江戸温泉さんありがとうございました。

東武日光駅に16時15分頃着いたら、やっぱり駅前にある「さかえや」の揚げゆばまんじゅう(200円)を食わなきゃ。先輩にもお勧めし、みんなで揚げゆばまんじゅうを美味しくい頂きました!
やっぱ、ぎっりしハンコに、あげたてのアツアツ、最後にかける塩がきいていていいですね。
しかも店頭でお茶までサービスしてくれるのもうれしいお店です。今回も変わらず美味しかった〜。
やっぱり、日光に来たら欠かせないお店です!ごちそうさまでした。

後は帰るだけ。16時31分の区間快速電車で帰路へ。

1日中晴天で、温泉も、駅弁%あげゆばまんじゅも、展望も、滝も、紅葉も楽しめた、なかなか盛り沢山なゆったりハイキングとなりました。今回もいい山旅、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の山旅日記〜紅葉日帰りハイク・日光霧降へ(後編・霧降の滝歩き)  ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる