ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 初秋の山旅日記〜北アルプス裏銀座×温泉縦走2日目(9/11)前編・湯俣 〜竹村分岐

<<   作成日時 : 2014/09/17 22:58   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

山旅・1日目の様子はこちらから→
http://koshino.at.webry.info/201409/article_12.html


2日目・9月11日木曜日

昨晩から雨が降っており、朝4時半に起きたときにはまだ雨。
ひとっ風呂浴びて、朝5時に食堂にて、同宿のもう一方と、昨晩のうちにいただいた朝食用のお弁当を食べているうちに、雨はやんでくれました。


今日は長丁場なので、早目の出発。同じコースを進むもう一方から遅れること5分、5時45分の一晩お世話になった晴嵐荘・標高1420mを出発します。
小屋の裏手にこんな看板を見つけました。
画像

字体がちょっとかわいらしい・・・。「お気をつけて!」。はい、行ってきま〜す!

すぐに樹林帯の中の急な登りへと入っていきます。ぐんぐん高度を上げていきます。
30分(標準45分)ほどで、展望台・標高1640mに到着です。ここで約5分休憩ですが、その名の通り、素晴らしい展望が開けています。こちらはこの先進む三俣蓮華方面。少し晴れてきましたね。
画像


そして、ちょっとズームにしてみました。
画像

ちょっと靄がかかっていますが、槍ヶ岳です。

ここからも急登が続いていきますが、30分ほどすると、少し落ち着いてきた感じに。といっても所々やっぱり急登ですけどね。

8時20分(湯俣から休憩抜き2時間30分・標準3時間)、湯俣岳・標高2379mに到着です。
画像

登山道から数m入ったところに三角点がある狭い山頂があります。こちらで5分ほど休憩し、さらに進んでいきます。

湯俣岳からは少しばかり下り。登山道沿いに小さな池も出てきました。
画像

綺麗な木々を映しだす静かな池。

そんな樹林帯を抜けて、再び登りになると、稜線沿いの道へと変わっていきます。樹林帯も針葉樹で、高さが低い木々に変わってきました。稜線てっぺんに出れば、こんなに素晴らしい光景が待っています。
画像


さあ、あとは晴れてくれるだけ・・・。と思ったけど、なかなか晴れませんね〜。
画像

少し写っている方が、同宿の方。このルート、北アルプスの裏銀座ルートでも烏帽子〜野口五郎〜水晶のメインルートと異なるバリエーションルートのため、歩いている人が少ないんです。この日は平日とはいえ、登りはこの方と私のみ(ちなみに途中すれ違ったのは4人)。ちょっと不安になりそうですが、つかず離れず歩かせていただき、休憩時にお話ししたりと、心強かったです。ありがとうございます。


10時15分、南真砂岳・標高2713mに到着です。
風が当たらない山頂直下の北側で休息していると、雲が少し晴れてきました。
画像

見えているのは左寄りがこれから向かう真砂岳、そして右寄りが野口五郎岳。

休憩後頂上に行ってみると素晴らしい展望が待っていました。
画像

雲がまだかかっていますが、東鎌尾根から槍ヶ岳への稜線が見えます。

そして、これから目指す裏銀座ルート、その後ろの顔を覗かせる水晶岳、そして左手には鷲羽岳。
画像

なんかワクワクしませんか?


10時45分、再び山歩きを再開。南真砂岳から下り始めます。5分ほど下れば、再び登り。でも、それほど急な登りはほとんどありません。気持ちのよい稜線歩きです。ただ、稜線が一部崩落している箇所があり、登山道を巻くように付け替えたところがあります。
画像

真ん中奥の高い山が裏銀座ルートの真砂岳。そこに向けて続く道、真ん中付近で巻いているのがわかるでしょうか。

ただ、巻き道もよく整備されています。そして、この巻き道、お花畑がすっごくきれいで・・・。
画像

今年は雪解けが遅く、まだ巻き道など雪が残りやすかったところは、お花が楽しめました。


11時35分、真砂岳直下に到着。ここからは真砂岳頂上を巻くように裏銀座ルートへの合流地点へ。
画像

白い裏銀座ルート、その先にの尾根に広がるカールが素敵です。


11時45分、竹村新道分岐に到着。湯俣温泉から6時間(うち休憩40分・標準6時間20分)の竹村新道はここまで。ここからは北アルプスでもメジャールートの一つ、裏銀座ルートへと入っていきます。ということで、2日目・前編はここまで。裏銀座ルートからは後編(http://koshino.at.webry.info/201409/article_14.html)で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初秋の山旅日記〜北アルプス裏銀座×温泉縦走2日目(9/11)前編・湯俣 〜竹村分岐 ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる