ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の山旅日記〜会津磐梯山・翁島登山道から雄国沼へ〜後編

<<   作成日時 : 2014/06/19 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

磐梯山の山旅日記。前編では翁島登山道から磐梯山山頂、そして弘法清水までの行程をお届けしました。
http://koshino.at.webry.info/201406/article_18.html

さあ、後編がはじまります。弘法清水で5分休憩し、11時20分の下山再開です。八方台ルートを下っていきます。

雲が取れてきて、太陽が降り注ぐようになってきましたが、こちらのルートは樹林帯。新緑たちが直射日光を遮ってくれ、爽やかで快適(石がごろついていたり、やや歩きにくいとこもありますが・・・)。
画像


また、樹林帯から展望が開けるところは、最高の展望。
真下の銅沼に裏磐梯、さらには西吾妻山方面です。
画像


火口原越しの櫛ヶ峰。
画像


また樹林帯に戻れば、また緑の新緑。下りが緩やかになるとところどころ沼や沢が出てきます。
画像


さあ、緑のトンネルを抜けていきますよ。
画像


トンネルを抜けると、裏磐梯スキー場への分岐を通過し、ぱっと開けた場所にやってきます。
画像

弘法清水から45分(標準50分)、12時5分に、標高1300m・中ノ湯跡に到着です。
その名の通り、昔は温泉があったようで、流れている水も含め、硫黄臭がなかなかスゴいです。昔の小屋が朽ちた状態で放置され、何だか廃墟というか荒れた感じもスゴいです。

ここからは狭めの林道といった感じでかなり快適。緩やかに下っていきます。
約15分(標準25分)、12時20分、標高1200m・八方台登山口に到着です。
画像


さすがに磐梯山でも標高差が小さく、また傾斜もそこまできつくはない(といっても、それなりですが)人気コース。八方台の駐車場はたくさんの車がとまっていました。ただ、こちらから磐梯山へピストンする方が多いのですが、こちらは公共交通機関がないんですよね。

磐梯山のルートでは川上温泉ルートならバスが、裏磐梯コースでも約50分の車道歩きがありますが、バス停に出られますが、今回は八方台から更に西へ縦走し、雄子沢まで向かいます。

八方台登山口からは再び登り。磐梯山のメジャールートから外れ、人通りは減り、登山道がグチャグチャという箇所もほとんどなくなりますが、かなりしっかりしたルートです。
画像

木の根がたくさんある、またちょっと表情が違うルート。まずは猫魔八方台という高台まであがります。
その分岐を過ぎると多少登りは緩やかになり、緑が楽しいハイクになります。

やや急な登りが再び現れますが、そこを登りきると、一気に視界が広がります。
画像

さっき上ってきた磐梯山がくっきり!

そこからは緩やかなアップダウンののち、再度階段上の登りを登れば、八方台から約40分(標準60分)、13時に猫魔ヶ岳・標高1404mに到着です。
画像


こちらもかなり展望が良くて、素晴らしい山頂です。
画像

猪苗代湖に、麓はアルツ磐梯スキー場です。

しかも、磐梯山と違い、人が少なく、この日も山頂には私をいれても三組のみ。
こちらでホテルで頼んだおにぎり弁当をいただきます。うん、うまい!

猫魔ヶ岳で20分休憩し、先へ進みます。山頂からは標高をいったん下げていき、再び樹林帯歩き。ちょこちょこアップダウンもあり、磐梯山からの長丁場にはやや堪えます。

分後、再びの登りがあり、そこを登りきれば、猫魔山頂から約15分、標高1335m・猫石に到着です。
こちらもまた展望スポット。これから目指す雄国沼も一望です。
画像


ここからは基本は下り。といっても急な下りではないので、歩きやすいです。
標高を下げていくと、いくつか沢と交差します。
画像

これまでの道とはまた表情が違う山に出会えます。

猫石から30分(標準35分)で標高1090m・雄国沼へと出てきました。ここからは雄国沼の畔を歩いていきますが、この近辺はツツジがが多く、終わりかけでしたが、楽しませてもらいました。
画像


そんな湖畔を進めば、歩いてきた猫魔方面もきれいに見えます。清々しい景色です。
画像


湖畔に出てから約10分(ほぼ標準通り)、14時15分、雄国沼休憩所に到着。この先も湖畔の遊歩道がありますが、今日は磐梯山からの縦走でさすがに・・・ということで、雄子沢の下山ルートへ。
沢といっても、沢沿いの高巻きに道がついているので、川の音は聞こえますが、川はほとんど見えず、時折小さな沢と交差するのみ。でも、水が近いことかホントに鮮やかな緑と、鳥や川の音は癒されますね。
画像

ハイキングルートとして整備されていて、またアップダウンも激しくないので歩きやすいですし・・・。

立派な大きな木もあります。たくましいです。
画像


雄国沼から45分(標準55分)、15時過ぎに標高830m・雄子沢登山口バス停に到着です。
ほどなく、15時5分の裏磐梯ロイヤルホテル行きのバスがやって来ました(これに乗るため、雄国沼からは少し急いで下りてきました。次のバスは50分後・・・)。

これにて、磐梯山からの縦走は終了です。

なかなかのロングコースで疲れましたが、急登、がれ場、グチャグチャの土に、木の根階段。また岩場の高度感、新緑、火山、沢、湖沼と様々な表情。変化に富んだルートで楽しかったあ〜。
もう十分歩いたし、あとは裏磐梯にいくつかある温泉のどこかに寄って、帰るとしますか・・・。

いい山旅、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
景色のいい場所ですね。
震災の前ですが、磐梯山、会津、五色沼とか行きましたよ。
また久しぶりに行きたいです。
TonTon
2014/06/21 06:28
TonTonさん、こんばんは!
今回、会津若松・喜多方・猪苗代エリアに初めて行きましたが、いいとこですね。磐梯山も去ることながら、猫魔ヶ岳の景色の良さには感動しました。
八方台からなら、さほど難易度が高い山ではないのでぜひ!
こしくん
2014/06/21 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
初夏の山旅日記〜会津磐梯山・翁島登山道から雄国沼へ〜後編 ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる