ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の山旅日記〜日帰り雪山ハイク・山形蔵王へ(2/26)後編

<<   作成日時 : 2014/03/08 22:25   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日、昨日とお届けしてきた冬の山形蔵王スノーハイクの旅。
前編では蔵王ロープウェイ山頂から地蔵山を経由し、熊野岳分岐まで。
http://koshino.at.webry.info/201403/article_5.html
中編では熊野岳分岐から刈田岳山頂までの模様をお届けしました。
http://koshino.at.webry.info/201403/article_6.html

今回は、刈田岳から熊野岳を経てロープウェイまでの帰りの模様をお送りします。
13時50分、刈田岳山頂・標高1758mを出発。来た道を戻っていく。

今日はホントに温かい、春の日和。まるで春の雪山で、来る時にしっかりついていたエビのしっぽも太陽に少したべられっちゃったみたい。
画像


熊野岳への登りは、真っ青な空へと伸びる天空の道。青い空には飛行機雲。青と白だけの世界。
画像


30分ほど(夏山標準タイム40品)で熊野岳分岐へ戻り、約5分強尾根道を進めば、14時35分、熊野岳山頂・標高1841mに到着です。
画像

山頂標はすっかり雪に埋もれていて、かろうじて掘り出された部分で「熊野」が確認できます。


ともかく太陽が近い・・・。
画像


下っていく地蔵山方面。
画像


雪で出来た苔むす岩?そして、天空の城・・・。
画像


14時40分、名残惜しいけど、降りますか・・・。直登コースを下っていくことにします。
昼の温かさで表面が溶けて、輝く雪の斜面。
画像


降りてきた道を振り返る。やっぱ、雪の岩だ。
画像


25分ほどで、地蔵山山頂付近に戻ってきました・・・。
地蔵山の素敵な光景が再び・・・。
画像


ロープウェイとスノーモンスターももうそこに。
画像


さあ、あとは15分ほどスノーモンスターの中を下れば、スノーハイクも終了です。
スノーモンスター再びですが、昼前と違って、やはり暖かさで、少し雪が溶けたようで、ところどころ木の枝が顔をのぞかせています。
画像


よ〜く見ると、溶けた雪がつらら状になったモンスター。
画像


名残惜しいけど、ロープウェイ山頂駅前に15時30分ごろに到着。
最後は、こんな光景。続く森・・・。
画像



ということで、素晴らしいスノーハイクはこれにて終了です。
登りと逆、山頂線、山麓線とロープウェイを乗り継いで、蔵王山麓駅には16時ごろ降りてきました。
(下りはそれほど混雑なく、下りて来れました。)


蔵王スノーハイクの締めは、もちろん蔵王温泉。ロープウェイからバスターミナルまでの途中にあった日帰り温泉施設に立ち寄りました。
画像

新左衛門の湯さん。新しくてきれいな日帰り温泉施設。内湯は温泉ではないのですが、なかなか柔らかいお湯。でも、やっぱり温泉の露天風呂が気持ちいいですね。庭に積もった雪を見ながらの雪見風呂。透明ですがしっかり硫黄の香りがするお湯。ぬるめのと熱めのものもあり、好みによって入る湯を選べるもの良かったです。とlくに熱めの方は源泉かけ流しのようで、いや〜疲れがとれる取れる・・・。気持ち良かったです。

温泉に入っているうちに、バスの時間が近づいてきました。バスの時間の5分前に慌ててバスターミナルへ。17時20分のバスで山形駅へと戻ります。帰りのバスは行きほどではありませんが、でも7〜8割は席が埋まった状態でした。40分ほどで山形駅へ戻り、今回の蔵王の旅は無事終了しました。

旅の最後は駅ビルにある蕎麦屋さん。山形はそばも名物ということで、こちら!
画像

美味しいおそば、ごちそうさまでした。

と最後のつもりだったんですけど、駅の改札脇にある平田牧場(こちらも山形の誇る豚の店)の揚げたてのカツが気になっちゃって・・・。ついついメンチを買ってしまいました。新幹線でのおつまみですね・・・(笑)


ということで、3回にわたってお送りした山形・蔵王への旅。お付き合いいただきありがとうございました。

スノーモンスターをはじめとする雪の芸術たちを満喫でき、また素晴らしき温泉に、素晴らしい食と、山形を満喫することができた日帰り旅となりました。今年もいい旅をお伝えできるかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の山旅日記〜日帰り雪山ハイク・山形蔵王へ(2/26)後編  ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる