ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の山旅日記〜雪山ハイク・西穂丸山へ、後編

<<   作成日時 : 2014/03/29 23:12   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

前編では、新穂高ロープウェイから西穂山荘までを
http://koshino.at.webry.info/201403/article_26.html

中編では、西穂山荘での滞在+西穂丸山でのご来光を
http://koshino.at.webry.info/201403/article_28.html

お届けしてきました。今回の後編では、ご来光後の西穂丸山からの絶景と、新穂高ロープウェイへの下りの模様をお届けします、

3月24日6時20分、山頂をめざし出発した登山者たち。あっという間に小さくなっていきます。
画像


太陽のぬくもり。風紋をよりきれいに照らしてくれています。
画像

きれいだ。ただそれだけ・・・。

西穂丸山・標高2452mからの展望。
まずは白山をアップ!
画像


西真正面の笠ヶ岳!
画像


東真正面の霞沢岳に、麓は上高地!
画像


南は焼岳に、乗鞍!
画像


少し戻って振り返れば、登山者たちの踏み跡の先に続く西穂高。
画像



1時間ほど西穂丸山山頂付近でゆっくり過ごしたのち、ゆっくり西穂山荘を経て、新穂高ロープウェイへと下り始めました。
山荘に戻れば、今日下りの人々がテントを片したりしていました。急いで下りてもロープウェイの始発は9時15分。1時間強で下りられるのを考えれば、7時30分はまだ早いけど、今日はのんびり下ろうと、私はそのまま下っていくことにしました。

山荘近くからも白山がくっきり。今日も天気がよさそうです。
画像


下り道、まだ今日は歩いた人がいないようで、昨夜の風で足跡が消された登山道を一番乗りで歩く形に・・・。なんだか気持ちいいですよね、1番乗り。

昨日からの晴れに、今日は気温が高めのよう。太陽が登り、ぐんぐん気温が上がっている感じで、昨日は見られた樹氷は今日はなく、雪化粧したクリスマスツリーも昨日とは違って、こんな感じ。
画像

雪が溶けて、つらら状に。クリスタルが飾られたツリーに変わっていました。

自分が足跡をつけてきた一本の道。
画像


交差する動物がつけた道。
画像

よくみると太陽で輝く雪の道。

見上げる空は今日も青い。
画像

木々の雪が時折、落ちて舞ってくる。雪山に訪れる春。

下りてくると、西穂に隠れていた槍もくっきり!
画像



西穂山荘から約1時間、8時30分に、新穂高ロープウェイの西穂高口駅・標高2156mまで戻ってきました。
ロープウェイの始発前なので、普段は観光客でにぎわっている雪の回廊も誰もいない・・・。(下りで抜かれなかったので、ホントに誰もいない、贅沢な貸切状態!)
画像


9時になると、駅の展望台も開きました。
早速あがって、歩いた道を振り返ります。
画像


今日はホント、白山が良く見えます。
画像

霊峰だけあって、なんだか神々しいですよね。

最後の景色を満喫し、9時15分のロープウェイで下山し、今回の雪山ハイクは終了。


この冬はロープウェイを使って、簡単に楽しめる雪山、3山を楽しんできましたが、雪山の白さ、空の青さ、寒いけど、ホントに気持ちいですよね。今回の西穂はやはり北アルプスの険しい雪山が間近に眺められるのが魅力でした。夕方とよること残念でしたが、天気にも恵まれましたし、ありがたいことです。
今回も楽しい山歩き、ありがとうございました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の山旅日記〜雪山ハイク・西穂丸山へ、後編 ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる