ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 春山日帰り登山〜茅ヶ岳&金ヶ岳で新緑と大パノラマを楽しみ、温泉で〆た

<<   作成日時 : 2013/05/12 23:57   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

今日は週半ばの週間予報から一転、雨上がりの快晴でいい天気のようだ。
次の休みは降水確率がやや高めだし、なんせ仕事持ち帰りとかになるかもしれない。
これは行ける時に行かねばと、昨晩急遽出掛けることにしました。

行き先は、いつか行きたいなと思って、調べていた山梨県は茅ヶ岳〜金ヶ岳。

中央本線からは韮崎付近から松本方面右手の車窓にどんとそびえていて、登山心をくすぐる山です。
あの日本百名山の著者・深田先生終焉の地として、ハイカーにはそこそこメジャーな山。おかげで土日には登山口までバスがあり、私みたいな公共交通機関利用のハイカーでも行きやすく、土日に行くなら・・・と思ってました。


ということで、バスの時間にあわせて、6時過ぎに家を出て、武蔵野線〜中央線と進み、立川からスーパーあずさ1号に乗車し、8時37分にバスが出る韮崎駅に到着です(始発で行っても普通電車ではこの時間に着かない・・・、さすがに特急です)。

韮崎駅前の二番バス乗り場8時51分発、春から秋の土休日限定、1日一本のみの深田公園行きが茅ヶ岳への最短アクセス。
ゴールデンウィークも過ぎましたが、バスは満席。さらに甲府のボーイスカウトの小学生たちが乗ってきたので満員です。

韮崎駅から20分・500円で深田公園・標高約950mに到着。ボーイスカウトの前にということで、サッサッと準備をして、9時10分には出発です。

踏みあともしっかり、標識も整備されていて、快適な登山道は、新緑一色!
画像
緑が眩しく、気持ち良すぎです。歩いていると、鶯などあちこちから、いろんな鳥のさえずりが聞こえるのですが、無秩序なはずなのに、心地よりハーモニーに感じられます。

花たちが可憐に咲いていたり、葉っぱから昨日溜め込んだ雨の雫がボツりと落ちたり・・・。昨日の雨のおかげで、緑も元気に輝いた感じです。
画像

でも、登山道は湿り気はあれどグチャグチャではないあたり、この山が健康で保水力が強い証拠ですね。


緑に囲まれながら、急登までは行かないにしても、延々と、また着実に続く登り。先を行く人がはっきりみえるんだけど、あんなに登るんかいな・・・というくらい先。今日はあったかそうなので、薄手の長袖Tシャツの上に薄手の半袖シャツと、夏山に近い仕様でしたが、それでも汗が出てきました。

そんな登りも緩やかになったかなと思ったところ、登山口から45分(標準70分)で女岩・標高約1050mへ到着。ここからは登り本番。ちょっとした岩場の急登り。それを過ぎれば、先ほどと同様、でもひたすら折り返しながら、かなり上まで続く登山道へ。これは休み休みしか進まない・・・。

この辺りから、新緑から新芽にかわり、日だまり登山に変わりました。
そんな気持ちにもきつ〜い登りは尾根に出てきて、とりあえず終了。尾根に出ると、木々の間から南に富士山、西に南アルプス、東には金峰山がはっきり見えてきた。ホント今日はいい天気でよく見える。目指す茅ヶ岳も目の前である。
画像


約20分ほどで、尾根に出ると、今度は尾根らしい、ちょっと段差が大きい登り・・・。まだ登りかよ・・・。
そんな登りの途中に深田先生終焉の碑がありました。
さすがいろんな山に登ってきた深田先生が訪れる山である。楽には登らしてくれない。

女岩から40分(標準60分)、10時35分にようやく茅ヶ岳頂上・標1704mへ。さすが人気の山、10人以上の人が休んでいる。
それもそのはず。360度の大展望である。

まず、東には甲武信〜金峰〜瑞牆の奥秩父の山々。
画像


南側には、富士山。
画像


北には次に向かう金ヶ岳とその向こうには八ヶ岳。
画像

その西手には北アルプスらしき山々まで見える。

西には南アルプスがどーん。
画像


この贅沢な展望は確かにスゴい!


こちらで30分、大展望を眺めながら休憩。山頂はその後も何組がやってきたり、また木々はまだ葉はないものの、蝶や蜂なども飛び交い、かなりにぎやかな春の山って感じでした。


さあ、11時05分、向かいにある金ヶ岳へ出発だ。
いきなりの急降下に、また登る気が失せそうになるが、やはり展望がよく、新芽や鳥たちのメロディーに気持ちよさがどんどん増してくる。
20分ほど、緩急つきながらも続く下りがもうすぐ終わる頃。あっ・・・!
左足に走る傷み。足をつってしまった・・・。1〜2分、休憩して、痛みはおさまったので、気を付けながらも先へ進むことに。

下り終り近くまで快調に下りてきたので、15分(標準20分)で、下り終え、石門を通過。間もなく金ヶ岳への登り返しが始まるが、足はなんとか大丈夫。ちょっと急なとこは無理に足を伸ばさないよう、手も使いながら登りました。
ちょっと岩場が増え、急な登り。ただピークらしきものは見えている。あそこまで頑張りゃなんとかなる。石門から20分、標準タイム通り、観音峠分岐を過ぎ、その先のピークをピークを過ぎ、緩やかなダウンを越え、緩やかになった登り。さあ、もうすぐ金ヶ岳。最後の登りだという瞬間。

ヤバい、またつった…。
今度はなかなかおさまらず、引き摺るようにゆる〜りゆる〜り進む。幸いすぐ金ヶ岳山頂・標高1764m。観音峠分岐からやはり標準通り20分、12時に到着です。

茅ヶ岳で折り返す人が多いためか、こちらはかなり静か。先客は一組のみで腰をかけるのにちょうどいい石があり、まずは座って休む・・・。筋肉痛用の薬を塗り、軽く伸ばしたりしながらほぐしていくと、痛みがおさまってきた。
茅ヶ岳と違って木々に囲まれているけど、それでも木々の間から富士山だったり、八ヶ岳だったり、こうして南アルプスも望める。
画像

この景色をおかずに、昼食を食べれば、うまい!!!



さあ、調子が戻ってきたし、またつって、下りに多少時間がかかってもバスに間に合うよう、30分ほどの滞在で下ることにしました。12時30分下山開始です。

金ヶ岳からの下りはまずは急で、さらに痩せ尾根。こんなとこでまたつれば、アウトだ。見た目は構わず、手でも尻でも使いながら、慎重に下ります。

15分ほどでなんとか急な痩せ尾根をクリアすれば、景色を楽しむ余裕も出てきました。
新芽の木々の間の先には、茅ヶ岳と富士山。
画像


先ほどほど急じゃないけど、たまにあらわれる痩せ尾根越しの南アルプスに、麓の集落。
画像


さらに10分もすれば、痩せ尾根もなくなり、森の中のひたすら長〜い下りへ。徐々に新芽から新緑の森へと変わっていきます。それなりに急ではあるけど、段差は少なく、歩幅を小さくしながら歩けば、足も問題なく、思ったよりも順調に下ることが出来ました。

下っていけば、ホント新緑が、鳥のさえずりが気持ちよく、あ〜来てよかったなあと、足をつったトラブルもすっかり忘れてしまいました。
画像


金ヶ岳山頂から1時間ほどで、林道を横切り、明野のキャンプ場横の林道へと入っていきます。
もう安心です。

10分ほど、13時40分、明野ふれあいの里入口・標高約1000mに到着。山頂から標準タイム通りに下ってくることが出来ました。


ここからは、ず〜っと真っ直ぐ下っていく車道を進むだけですが、またこの車道が何気によかった〜。

東大の宇宙線研究所には終りかけですが、まだ花桃の花が…。また、別のところでは、菜の花が満開。
画像

また、あるところでは、たんぽぽの綿が風に舞っていました。
さすが標高が高いところだけあって、都心より1ヶ月春が遅い感じ。
もちろん季節感だけではなく、景色もなかなか。
富士山も見えりゃ、八ヶ岳もこんな感じ。
画像

なんか、北海道みたいな解放感がありますよね〜。

そして車道下っていく先には…。
画像

そう、南アルプスがど〜ん!

吹き抜ける風も気持ち良く、なかなかいい高原歩きになりました。

そんな車道を35分下れば、茅ヶ岳広域農道へ。こちらにバス停があるのですが、左に曲がって、さらに10分ほど歩けば、14時25分、本日の最終目的地・標高約750mに到着。


そう、登山の後は、やっぱり温泉でしょ♪

本日は明野ふるさと太陽館さんの茅の湯に入湯です。入浴料700円。
ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉で、ちょっとだけ茶色っぽいお湯につかれば、癒される〜。
今日はいい天気で、登りでは結構汗もかきましたし、ホントきれいさっぱり。お湯に癒され、つった足も全く違和感がなく、大丈夫そうです。
露天はないのですが、本日の男湯は南アルプス〜八ヶ岳のパノラマが楽しめるのもポイントが高い温泉でした。

最後、太陽館からは峡北交通のみずがき線で約20分・500円で韮崎駅へ。そのあとは中央本線で帰ってきました。


本日の登山、最高の天気に、新緑、展望、また登り応えと、さすが深田先生が来ただけにいい山でしたし、季節もばっちりでした。
ちょっとしたアクシデントはありましたが、なんとか無事終了しましたし、今日もありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お!茅ヶ岳行ってきましたか!!

足をツッたのは大変でしたが、天気にも恵まれたようで何より。ココは気になっている山なんだけど、まだいけてません。
皆さん良い山だと言ってる気がするな〜。

職場も変わり、さらに忙しくなったにも関わらず素敵な休日を過ごす姿勢は素晴らしいですね!

余談ですが、今週末から青山の新店立ち上げでまたもや職場が変わります。一応、目黒と兼任になる予定ですが・・・ちょっと集まりにくくなるけど、また呑みましょうね(^-^)/
tatsu_m1113
2013/05/13 09:46
tatsuさん、こんばんは。ご無沙汰してます。

また、新店で、しかも兼任じゃ大変ですね・・・(>_<)
身体にはお互い気をつけなきゃですね。

まあ、山に行くのはリフレッシュ。忙しい時ほどオフでバランスを取らないと、ココロが持たない弱い人間ですから・・・。


しかし、tatsuさんが行ったことのない山にボクが行くのは珍しいですね。いつも背中を追いかけていたので、なんだか不思議な感じです。

茅ヶ岳、アクセスが土日を除くとイマイチですが、新緑と展望を楽しむなら、確かにいい山でしたよ〜!
でも、tatsuさんはどんな山でも楽しめる方だから、関係ないか(笑)
こしくん
2013/05/13 22:58
こしくん、こんにちは。
相変わらず仕事大変そうですね。
そんな中でも山に行ける余裕?時間?
が少しは出てきたんでしょうか〜
良かったです(^^)
もう少し早く帰れるようになると良いですが・・・
N
2013/05/18 17:29
Nさん、こんばんは!

今日もただいま帰りの電車内です。別に飲んだ帰りじゃないですよ〜。最近はこれが当たり前なんです。

山に行く時間って言っても、さすがに週1くらいは休ませてもらわないと・・・(涙)

ただ、休みに山に行ったおかけで、ココロは解放され、なんとか持ちましたが、カラダはもう週後半にはボロホロ。
明日は1週間ぶりの休み、ゆっくりさせてもらいます!


なかなか、飲みやハイクにお誘いできず、すいません・・・。
こしくん
2013/05/18 23:21
山はリフレッシュできますよね。
富士山も綺麗に見えてますね。昔はよく山に行ったのですが最近全然行ってないので、今シーズンはどこかに行きたいです。
TonTon
2013/05/19 08:23
TonTonさん、こんにちは!

この日は雨上がりで、空気も澄んでいて、富士山の他にも、色んな山がキレイに見えました!

お忙しそうですが、ちょうど今が、山も新緑で気持ちの良い季節ですし、いいリフレッシュになると思いますよ(^_^)

気まぐれな山レポ楽しみにしています!
こしくん
2013/05/19 13:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
春山日帰り登山〜茅ヶ岳&金ヶ岳で新緑と大パノラマを楽しみ、温泉で〆た ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる