ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 10/14(日)秋の日帰り登山・蓼科山(御泉水-将軍平-蓼科山-女神茶屋-プール平)

<<   作成日時 : 2012/10/18 23:11   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

今日はブログの調子がいいみたいで、画像のアップもできたんで、ようやく山行記を更新できます。

10月14日日曜日、日帰りで山歩きに行ってきました。
今回の行き先は長野。久々に休みの日に晴れの予報。山では紅葉もピークのようですし、朝から楽しみに出かけました。

今回はバスの関係で、遅めの出発。家を出たのは7時半。武蔵野線、京浜東北線を乗り継ぎ、大宮から長野新幹線に乗車。今回もえきねっとの割引切符で10%OFFです。8月は上田駅利用でしたが、今回は佐久平駅利用。今年の1月以来の佐久平駅下車です。大宮から1時間ほどで到着。やっぱり新幹線は早い!

佐久平からは10時20分の千曲バス・芦田方面行きに乗車します。登山客っぽい人は全くいませんでした(登山にしては遅いですからね・・・)。
単なる登山口への交通機関のつもりでしたが、このバスが実はなかなか良かったんです。このバスが走るのは旧中仙道沿い。旧中仙道の宿場町である八幡・望月を経由し、やはり宿場町である芦田へ向かうバス。
沿道の畑ではちょうど稲刈りの最中。稲刈りが終わった田んぼではわら干し。これからの田んぼは黄金色の稲穂が一面に広がっています。そんな田んぼの道端には秋色のススキが揺れ、道路沿いにはコスモスもちらほら咲き誇っている…。
宿場町の集落では、昔ながらの格子の軒下など、味のある家屋が道路沿いに並んでいる。特に望月は風情のある街並みだ。また、八幡ではちょうど秋祭りでお神輿が出ていた。江戸時代から続く光景がまだそこにはある…。
そんな素晴らしい日本のふるさと、秋の風景を求めて、中仙道を歩く人たちをちらほら見かけましたが、確かにのんびり歩いてみたい道で、「降りたい!」衝動に駆られましたが、そこはぐっと我慢です。

40分ほどでバスは終点・立科町役場前に到着。ここまで800円。こちらで立科町営バスに乗り継ぎます。乗り継ぎ時間は10分ほど。空を見上げれば秋の鱗雲が…。静かな町、秋の空。なんだかのんびりした時間が過ぎていきます。

11時10分、立科町営バスしらかばコースに乗車。500円。実はこのバスが始発便。だから、出発が遅かったんです。もう少し早ければ、登山客ももっと使えるんですが、もともと町民用のバスですから、ぜいたくは言えません。今日は、乗客は途中から乗ってきた一人と環途中で降りた私のみ…。バスがあるだけありがたい話です。

11時35分ごろ、蓼科牧場(標高約1,500m)で下車。こちらから蓼科牧場ゴンドラリフトで約5分、御泉水自然園(標高約1,800m)へ上がり、11時45分、登山開始です。

直接7合目登山口へ進めば標準20分ですが、御泉水自然園の中を通るちょっと遠回りのコースへ。自然園は入園料300円。御泉水という名の通り、湧水があって、豊かな水のある光景が楽しめます。池越しにこれから登る蓼科山の美しい姿がくっきり。
画像


自然園の中は、池あり、沢あり、森あり、湿原あり。ちょうど紅葉が始まった森、広がる秋の空…。蓼科の豊かな自然が手軽に楽しめ、のんびりしたところです。
画像


とはいえ、今日のメインはまだまだ先。すでにお昼で雲が増えてきた…。先を急がねばと、自然園を通り抜け、12時15分に蓼科山7合目登山口(標高1,900m)へ。さあ、登山本番はここからです。
画像


石がごろごろしていますが、しっかりロープが張られ、整備された登山道。森は紅葉を始めた森もあれば、紅葉とは無縁の針葉樹の森も…。いずれにせよ、緑豊かな森でで、歩いていて気持ちいい〜。特に御泉水自然園が近くにあるということは、そう水気があるということ。苔がきれいな森が広がっています。
画像


そんな森を徐々に高度をあげていくこと、約20分(標準40分)、少し森が開けて、傾斜が急になってきました。石がごろごろする登りを、細かく折れながら、着実に登っていきます。紅葉も終りかけですが、きれいです。見上げる青空が秋色できれい。葉が落ちていることもあり、広く感じます。
画像


この急なのぼりを上ること20分(標準40分)で、将軍平(標高2,350m)へ到着。こちらには蓼科荘という山小屋があります。こちらで5分ほど休憩し、13時、さあ最後の登りへ。
画像


ここからは石ごろごろというより、岩ごろごろで、傾斜もより急に…。手を使って上るところもちらほら。結構きついです…。
時間が時間だけに下ってくる人も多く、すれ違い待ちも増えてきますが、そんな待ちが息を整えるのにちょうどいい感じ。10分弱で森を抜け、展望が開けてきました。
もうこんなに上ってきたのか。将軍平の小屋があんなに小さい。おっ!浅間山もきれいに見えるぞ。いい景色だ〜。これは期待できるぞ。
画像


浅間山からお隣の八ヶ岳方面の展望を楽しみながら、きつ〜い岩の登りを25分(標準30分)、13時25分、蓼科山頂ヒュッテがあらわれれば、蓼科山のひろ〜い山頂部に到着です。
山頂標示・三角点へはそこから2分程度ですが、岩がごろごろころがる独特な雰囲気がある不思議な山頂です。
画像


独立するようにぽこっとある山なので、風の通り道らしく、麓では全くなかった風も、ここではそれなりに吹いていて、肌寒い。ウインドストッパー付のソフトシェルを着込む。
山頂が広いので、少し歩いて散策すれば、360度の大展望。

足元にはゴンドラ乗り場の前にあった女神湖。信州の山々が重なる神秘的な光景が広がり、一番奥にそびえるのが、立山や白馬の山々。
画像


こちらは手前が白樺湖、そして車山、そして一番奥には左手に乗鞍、右手には穂高や常念などがくっきり。槍の姿もはっきり捉えられます。日本の名だたる山々を一堂に見ることができる幸せ。
画像


そして、その山容がやっぱり神々しい御嶽山…。北アルプスから見ても、木曽駒から見ても神々しかったけど、蓼科山から見ても神々しい山です。
画像


そして、こちらは中央アルプス。よ〜くみると、諏訪湖も右側の山々の間に見えるんですが、写真じゃわからないかな。
画像


さらに、南アルプスもくっきり。足元には蓼科温泉や茅野の街が見えます。
画像



そして、一番近くには八ヶ岳!かっこいい…。
画像


そんな大展望をおかずに、いただくおにぎり。うまい!
幸せなひと時を過ごすことができました。

さて、風も冷たく、雲も出てきたので、ちょっと早いけど、下りますか…。
雲がかかる北八ヶ岳の光景もまたいいんですけどね。
画像


14時10分、下山開始。来た道を戻るのではなく、南西方面・女神茶屋への登山道を下ります。
こちらも岩場の下りです。はじめは山頂をまくように、八ヶ岳から中央アルプス方面を眺めながら緩やかに下りながら進みますが、10分ほどでやっぱり急な下りへ。単なる岩場から、縞枯現象もみられる森へ。枯れた木々の間から八ヶ岳が顔をのぞかせます。
画像


さらに10分ほど下れば、縞枯エリアも過ぎ、紅葉もすでに終わりかけ枯葉の森へと、植生も変化。
画像


森の中を歩く区間が増えてきて、八ヶ岳やアルプスの姿は木々の間から除くように変わっていき、さらに20分ほどで、苔もむすほど森が徐々に深まってきました。さらに20分ほど下れば、さらに植生が変わり、笹が足元を覆う森へ。こちらの紅葉はこれからのようで、少し葉っぱが黄色くなってきている感じでした。そんな森を20分進めば、15時45分、(山頂から95分・標準100分)女神茶屋こと蓼科山登山口(標高1750m)に到着です。

こちらにバス停があり、ここで終了でもよかったのですが、登りがコースタイムよりかなりハイペースで時間を稼ぎ、バスまで1時間ほどあったので、このまま蓼科温泉へと歩いていくことに。ここからは登山口近辺を除けば、ほぼ林道歩きなので、快適。最初は豊かな森を歩きますが、こちらは紅葉まっただ中。美しい…。
画像


そのあとは人工林の中を歩くような感じで、危険個所もなく、緊張感などまったくない、森歩きを楽しめました。

40分(標準50分)で親湯へ到着。親湯からアスファルト道路に出て、5分ほどで、大滝遊歩道へ。ここからが最後の歩きの区間ですが、渓谷沿いの深い森が最後に待ってくれているという贅沢!
遊歩道入口から5分ほど、最後にこんな光景が待っていました。

静かで深い森に響く滝音。蓼科大滝です。
画像


結構な水量で、きれいな流れを楽しめる渓谷です。
画像


そんな渓谷を離れ、5分ほど登れば、プール平に到着。16時40分、本日の山歩きは終了です。
プール平には、蓼科温泉の公衆浴場があります。400円を払って、温泉でさっぱり!う〜ん、山を歩いた後の温泉は最高だ!(ただし、こちらは公衆浴場でボディーソープはありますが、シャンプーはありません。露天風呂もありません。)

お風呂に入っていううちに、すっかり日は落ち、真っ暗に…。
17時20分のアルピコバスで800円、茅野駅へ。日が落ちると気温も下がり、バスの中では暖房もきいていました。もう信州は晩秋。冬ももうすぐなんですね。

茅野駅には18時前に到着。帰りの電車も、えきねっとの割引切符で35%OFFとかなりお得なんですが、ちょっと遅い(茅野19時51分発)電車しか取れなかったので、茅野で夕飯をいただくことにしました。
駅から4分ほどのところにある、お蕎麦屋さん「更科」へ。みかさねそばを注文。こちらは三段盛りで、大根おろし、なめこ、とろろの3つの味で楽しめるおそば。新そばで、そばのほのかな香りと、信州そばならではのしっかしりた歯ごたえが楽しめました。


今回はバスの関係で、登山時間のゆとりはあまりありませんでしたが、車窓からの里にはじまり、蓼科の豊かな森に、山頂の大展望に、渓谷に、温泉に、蕎麦にと、秋の休日をまるごと一日満喫できた旅となりました。

今回もよい山旅、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な山情報ありがとう(v^-゚)
信州は綺麗だな

最近 計画立てるのが面倒くさくて、こしくんにお任せして歩いてみたいです。
今日から晴れ
明日久しぶり一人 荒島岳に行ってきます
バスツアーですがね
ナンチャン
2012/10/19 10:47
ナンチャンさん、こんばんは。

私のプランは結構キツイですよ〜(;_;)
電車・バス限定だと、やはり制約が大きく、今回もコースタイム通りだと、女神茶屋〜プール平と温泉をカットしても、最終バスギリギリですから、オススメはできません。

それより、荒島岳も紅葉がきれいそうですね。明日は天気もよいみたいですし、楽しんできて下さいね。
こしくん
2012/10/19 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
10/14(日)秋の日帰り登山・蓼科山(御泉水-将軍平-蓼科山-女神茶屋-プール平) ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる