ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 初秋の奥日光へハイキング 〜竜頭の滝-高山-小田代ヶ原-戦場ヶ原-湯滝〜

<<   作成日時 : 2012/09/26 22:25   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は当初休日出勤の予定でしたが、昨日の夕方に休日出勤しなくてよくなった(^_^)上に、天気予報も晴れになっていたので、急遽久しぶり(1ヶ月半振り)に山に行くことにしました。

ただ、ちとお疲れモードなのと、急遽なため何の準備もしていないので、ガッツリ登山ではなく、ハイキング程度にしようと選んだ先は奥日光。
乗り換え2回で、安く行ける(往復付フリーパスで4400円と奥多摩とかと変わらない)し、温泉もあるしと、いざって時のお気に入りの日光。昨年10月以来、3年連続での秋の来日?です。


今日は北千住から6時32分発の快速東武日光行きに乗車。BOX席に二人程度の混み具合で、足を伸ばして日光まで約二時間の電車旅は熟睡でした。

8時半前に東武日光駅に到着。
まずすることは、お昼ご飯の買い出し。ここ東武日光駅は、私鉄の駅では珍しい駅弁がある駅。
湯葉や鱒等の日光名産の駅弁もありますが、今日は鶏めしを購入しました。まだ出来立てのようで、温かい・・・。


東武日光駅を8時36分に出る湯元温泉行きバスで、奥日光へ。10月のピーク前ですが、それでも席は満席状態。道はスムーズで、定刻通り、ハイキングの出発地点、標高約1300mの竜頭の滝に9時35分頃到着です。


竜頭の滝バス停すぐ近くの滝見茶屋から滝を見物。
実は奥日光へはちょくちょく来ていましたが、竜頭の滝に立ち寄るのは10年振り。当時の印象よりも、飛沫たっぷりマイナスイオン!といった感じで、出だしから癒される〜(^_^)
画像


この滝見茶屋からハイキングをスタート。例年なら9月下旬には色つきはじめ、関東でも早い紅葉の名所ですが、今年はまだで、ちょっと遅いようですね。そんな滝の遊歩道を上っていくと、竜頭の滝の中央部がお出まし。
最後こそ落差があり二手に分かれて、迫力のある滝ですが、中央部は太く速い流れに浮かび上がった岩の表情がまさに竜の頭のように凸凹な感じの面白い滝です。

その竜頭の滝をさらに上に上ると、標高約1350m、滝上バス停へ。こちらから竜頭の滝の流れを見下ろすとこんな感じ。竜頭というのがわかるとともに、中禅寺湖へ勢いよく向かっていく、まさに竜のようですね。
画像



今日はそこから、高山に登るルートへ。
9時45分に登り始めます。こちらはお初ルートですが、よく整備もされ、踏みあともしっかりしていて、問題なく歩けました。高山は中禅寺湖北西に位置しますが、樹が生い茂り、展望はほぼありません。時折木々の間から、男体山の一部、中禅寺湖の青い湖面が垣間見えるだけです。
<頂上近くからの男体山>
画像


しかし、それなりに標高は高いので、空気はすっかり秋でひんやり涼しい。しかも、今日は快晴。木々のお陰で木陰で直射日光は少ない一方、木漏れ日と緑、隙間からの青空がホント気持ちいい山で、ハイキングにはもってこい!(平日で人も少ないし・・・)
竜頭の滝上から約50分(標準90分)、10時35分に栃木百名山・高山、標高1667.5mに到着です。
画像

山頂も展望はないですが、広々した山頂で、太陽の光、風、緑が美しい山だと思います。
山頂で休んでいると、ほら、こんな青空!
画像



こちらで東武日光駅で買った駅弁を美味しくいただき、11時15分に山頂を出発。
標高約1400mの小田代ヶ原に向かって下っていきます。正直、登りのルートより、こちらのるルートの方がややきつめですね。
とはいえ、整備されているので、ゆっくり行けば大丈夫。下りの方は快調で20分ほど(標準30分)で千手ヶ浜との分岐を通過。分岐から少し下れば、なんとなく山から湿原・高原へと雰囲気が変わってきます。
ほら、こんな感じに、植生ががらっと変わるんです!
画像


分岐から20分で、赤沼と小田代・千手を結ぶバスが通る林道に出て、左手に進み、15分ほど、12時10分に小田代ヶ原へ。植生保護の鹿よけ柵が気になりますが、見事な草紅葉。山の緑、木々の影との陰陽も抜群です。
画像


ここからは小田代ヶ原〜戦場ヶ原から、散策しまくり。戦場ヶ原は2年前に来ているが、小田代ヶ原は6年ぶり。戦場ヶ原よりもなんだか渋くて、静かなところがいいですね。そして、今日はホント最高の天気!
画像

すばらしい青空でしょ〜。草紅葉、木々の緑、青い空。もう、言うことはありません!

湿原の素晴らしい光景があると思えば、こんな青々とした緑の散策路も!
画像


でも、水辺ではこんな光景も…。
画像

秋も深まってきたなあ〜。もうすぐ草から木々へ紅葉もバトンタッチだ。

戦場ヶ原では多くの人が散策していましたが、それでもピーク時よりは落ち着いた感じ。
人が途切れれば、静かに風と雲が通り抜けるだけ…。
画像


最後は、戦場ヶ原を抜けて、湯滝へ。湿原から美しい渓流ある気に早変わり…。こちらは10年ぶりの区間です。
画像


そして、最後は14時20分、湯滝に到着。
画像

竜頭の滝の迫力に始まり、湯滝の迫力に終わる…。
今日のハイキングはこれにて終了です。


でも、まだまだ楽しみが!

まず湯滝!湯滝の茶屋の名物がアユの塩焼き!10年前にも食べましたが、アユ好きなんで、やっぱり食べちゃいました。

そして、14時40分ごろのバスで、光徳温泉へ移動すれば、アステリアホテルの日帰り露天風呂!
1000円と高めですが、湯元温泉から引いた硫黄臭がしっかりとする白濁の温泉は、まさに地球の力!といった感じで、癒される〜。硫黄臭がすると、ホント温泉!って感じですし、お肌もすべすべです。

そんなお風呂上りには、すぐ近くの光徳牧場へ。親子の牛がいて、子供がかわいいんです!人に興味津々なのか、私を追っかけてきて、去ろうとすると鳴いたりして、もうかわいくてかわいくて…。
そんな牧場を徒歩3分程度で、光徳牧場の売店で、アイスクリームをいただく。う〜ん、うまい!(このために、今回の入浴は、中禅寺湖と迷ったんですが光徳にしました。)

アステリアホテルに戻り、その前のバス停から15時55分のバスで、東武日光駅へ戻ります。
最後は、東武日光駅前にある、ゆばまんじゅうをいただいて、本日の旅は終了です!

歩いて癒され、浸かって癒され、食べて癒され、自然と食のサプリメント・日光。やっぱり好きなエリア。また遊びに行こ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
天気が良くて気持ち良さそうだあ。川魚専門のこしくんらしいな。私もこの前 庄川で岩魚(妥当な400円)娘は子持鮎いただきましたが臭みもなく最高の案配でまた食べたいね
ナンチャン
2012/09/27 10:10
ナンチャンさん、こんばんは。

鮎も岩魚も好きですが、川魚専門ではないんですけど…(苦笑)
今日はさんまをいただきました。やっぱり、秋はさんま!
というよりは、うまけりゃ、魚でも、肉でもウエルカム。単なる食いしん坊なだけですよ(笑)
こしくん
2012/09/27 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
初秋の奥日光へハイキング 〜竜頭の滝-高山-小田代ヶ原-戦場ヶ原-湯滝〜 ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる