ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 北の国から、三日目〜富良野岳縦走・上富良野岳〜上ホロカメツトク山〜富良野岳

<<   作成日時 : 2012/07/03 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

北海道の旅も三日目。
今日はいよいよ山歩きに出掛けてきました。

十勝岳温泉の宿、朝早くから温泉でひとっ風呂。
朝食をおにぎりに代えてもらい、昨晩受け取ったおにぎりを持って、6時前に宿を出て、6時5分に登山開始です!


本日の山は、富良野岳。ただピストンするのもなんだし、早起きして、上富良野岳、上ホロカメットク山から行く周回コース。


まずは三段山分岐まで20分(標準30分)。整備された林道みたいな道です。上富良野の町は雲海の下。なかなか幻想的な光景です。
画像

ちなみに三段山へのコースは崩落で通行止です。

通行止の看板を横目にさりに進むこと15分。火山らしい赤い石がごろごろ、ほのかに硫黄臭い荒々しい沢を渡れば、安政火口分岐。
画像

こちらも落石のため、火口へは通行止。

噴気をあげる沢上部を眺めつつ、火山とは思えない緑の道を登っていきます。
画像

約20分(三段山分岐から標準40分)、最後は少し雪の残る枯れ沢を登れば、上ホロ分岐に到着です。

こちらで左に折れ、上富良野岳を目指します。登っていくこと15分くらいで、階段上の登りへ。ひたすら高度をあげていきますが、そんな道を何度もかわいらしいリスが横切ります。
画像


階段が終われば、登りが緩めになり、尾根伝い。
片側は荒々しい火山の谷。
画像

片側は緑豊かな谷。
画像


様々な花が見事に咲き誇っています。なんだか不思議な感じがします。自然の力はすごいですね。
そして、最後に10分ほどの急登を登りきれば、上ホロ分岐から60分(標準80分)、7時55分、上富良野岳・1893mに到着です。
画像


今日は雲がかかり、展望はさっぱり。10分休み、上ホロカメットク山へ。
上富良野岳から少しだけ下りますが、この付近のお花が素晴らしいこと!雲の中で、またそれが幻想的!
画像


花々を眺めながら、登り返せば、上富良野岳から15分(標準20分)で、上ホロカメットク山・標高1920mに到着です。
画像

雲がなければ十勝岳が一望できるんですが、仕方ない・・・。
こちらで宿で用意してもらったおにぎりを頬張ります。ご飯が美味しい!
30分休憩し、8時50分に出発。再び花を愛でながら、15分(標準10分)で上富良野岳に戻り、続いて三峰山・標高1866mを経由し、富良野岳へと進みます。


アップダウンが繰り返され尾根道。花がきれいなのはもちろん、ハイマツの道、時に岩場。
画像


なんだかアルプスの縦走路を思い出す、なかなかいい縦走路です。しかも、アルプスほどはキツくない。
画像

聞こえるのは鳥の声、雲の流れる音のみ・・・。いや〜、癒される。

上富良野岳から三峰山は30分(標準60分になってるけど、さすがにフツーならそんなかかるはずがない)、三峰山から富良野岳分岐までは45分(標準60分)。
三峰山からはそこそこ下ります(標高差150くらい?)が、下り終わり近くは岩など、まるで日本庭園のようにも見えます。また、下った付近の花がきれいなこと!
画像

そして、再び登りへ。富良野岳分岐を過ぎれば、しばらく階段上の道。登りきれば、尾根を巻くように、花のきれいな道を進みます。やっぱり霧と花のコンビはなんとも言えませんね。
画像


最後にちょっとだけキツい登りを登りきれば、富良野岳分岐から30分(標準50分)ど、10時50分に、富良野岳・標高1911mに到着です。
画像

火山から離れたためか、上ホロや上富良野とは違って、虫が多いこと・・・。まあ、花があれば、虫は当然か。


30分休憩し、持ってきたビスケットなど行動食をいただき、11時20分に下山開始。
登ってきた花の道を戻っていきます。25分(標準30分)で富良野岳分岐へ。左に折れ、三峰山の中腹を巻くようにアップダウンを繰り返しながら下っていく道です。
花の道、ハイマツの道、笹の道、緑の道、石の道、さらには雪渓を横切る道となかなか変化に富んだ道ですが、途中なかなか高度をあまり上げも下げもしない区間(いや、むしろ下りなのに、結構登る区間も・・・)があり、なかなかまどろっこしい道でもあります。
画像


富良野岳分岐から55分(標準60分)で上ホロ分岐まで戻ります。振り返れば、富良野岳。
画像

ここからは来た道を安政火口分岐、三段山分岐を通過し、上ホロ分岐から40分(標準50分)、13時20分に登山口に戻ってきて、無事、北の山から・・・、花の百名山を楽しむことが出来ました。
曇りでしたが、雨もなく、花は最高な山歩きでした。

そんな山歩きの汗を流すために、車で向かったのは、登山口から10分ほど、吹上温泉。こちらには無料の露天風呂があります。
更衣室もなきゃ、洗い場もない、まさに森の中に、温泉と囲いもない狭い脱衣スペースがあるだけの野趣溢れる混浴露天です(混浴といっても、更衣室もないので、さすがに女性はいなかった・・・)。
温泉はかなり熱いので、沢の水を引き込んで適温にするテキトーな感じもまたいい温泉。実はここもドラマ「北の国から」のロケ地でめあります。

そんな野天風呂でさっぱりして、一日目に泊まった白金温泉を再び通り、美瑛の街へ。道の駅に立ち寄り、美瑛牛乳のソフトクリームを食べ、温泉後のデザートまバッチリ(^o^)/


美瑛から旭川空港へ戻り、一日目から3日間、美瑛の丘巡り、上富良野の花巡り、富良野のロケ地巡り、登山口への足として、250km走ってくれたレンタカーとお別れです。
といっても、空港から今日飛行機で帰るわけではありません。
旭川空港からは、バスで旭岳温泉へ。明日はここから大雪山を縦走するため、バスに切り換えました。で、今日は旭岳温泉に宿泊です。
なっ、なんと、今日の宿は、泉質が異なる源泉が5つもあり、まさに温泉三昧!温泉で、今日の山歩きの疲れをすっかり癒して、明日の山歩きに備えたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北の国から、三日目〜富良野岳縦走・上富良野岳〜上ホロカメツトク山〜富良野岳 ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる