ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 新緑日帰り登山・滝子山(笹子〜平ツ沢〜滝子山〜藤沢〜初狩駅)

<<   作成日時 : 2012/05/30 22:26   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

そろそろ梅雨入りの話題も出てきましたね。
関東でも昨日、一昨日と大気の状態が不安定で雨続き・・・。
今日は持ちそうだし、せっかく緑のきれいなシーズンですから、山へ行こう!
ということで、以前から気になっていた滝子山へ行くことにしました。

新宿へ出て、7時の高速バスに乗車。
えっ!高速バス?と思われた方…。実はこれは隠れたルートなんです。
滝子山へは通常、中央線・笹子駅から歩いて登山口へと歩いていくんですが、実はその途中、駅から30分くらいのところ、駅から登ってきたところで、中央道とクロスします。その中央道とのクロス地点すぐのところに、高速バスのバス停があるんです!
しかも、新宿からスムーズにいけば1時間20分と、普通に電車で行くのと変らないか早いくらい。しかもJRより安いくらいです。駅からの時間分、標高分稼げますし、混まない平日なら、結構使えるルートです。


今日は2人掛けの席に一人とゆったり。うたた寝しているうちに、定刻通り8時20分過ぎに中央道笹子バス停で下車します。標高600m。さあ、今日もしっかり登るぞ〜っということで、8時25分登山スタートです。

バス停を出て、すぐ左手に進めば、すぐに中央道を越える山の中へ向かう細い道路。これが登山道へと続く道です。10分ほど進めば、橋が架かり、大鹿川とクロス。さあ、ここから沢に沿って、巻いて、沿っての楽しい道のはじまりですよ♪
画像


沢の音、水の流れをちらちらと覗きながらの林道歩きは、そこから20分ほど。道証地蔵様です。
画像

8時55分、いよいよ林道とお別れして、滝子山への登山道へと入っていきます。

ちょっと下って、沢を越える橋・・・。沢の水がきれいですね〜。
そこからは一転、登り。沢を巻くように高度を上げていきますが、しっかりと沢に音が聞こえてきます。
そして、登山道は、新緑一色。
画像


15分ほどで、再び沢沿いを歩くルートへ。登山道は枯葉のじゅうたん。沢の水。新緑の緑。歩いていて気持ちいいカルテットですね。
画像


さあ、沢に沿った道は、枯葉を踏みしめて、さらに高度を上げていきます。右岸にわたり、三丈の滝を巻くように通過します。斜め上から眺める滝。といっても、そのあとも、小さい滝が続く、続く・・・。
ホントに滝の音、水の音、新緑の緑、岩苔の緑、沢のひんやりした空気。マイナスイオンたっぷり〜。癒されますわ。
画像


小さな沢を越えたり、沢沿いを歩いたり、沢を巻いたり、そんな道を進むこと、9時40分ごろ巻き道からモチガの滝を眺めて、さらに高度を上げていくと、ちょっと植生が変わってきたかな・・・。大鹿山との分岐を過ぎると、少し傾斜が緩やかに…。
画像

ブナの新緑がホントきれいなこと…。

巻き道はちょっと砂地だったり、急なところはありますが、しっかり整備されていて、危険個所はロープも張ってあるし、慎重に行けば問題ありません。


10時ごろには、緩やかになった沢・ナメ沢沿いを進みます。
画像

いや、あそこを歩きたい…。
とはいえ、歩いて登山道に戻れなかったりする困るんで、おとなしく登山道を歩きます。

10時5分(標準タイム50分より20分遅い)には、大鹿峠との分岐点を通過。
この辺からは、沢もすっかり細くなり、沢の音も小さく・・・。一方で、ちょうど新緑の時期を迎えた森では鳥のさえずりが・・・。音をお届けできないのが残念です。
画像

道も歩きやすく、少し登りも緩やかに。いや〜、癒されるわ〜。

再び、少し登りがきつめになってきて、10時30分には大谷ヶ丸分岐を通過。
ここからは防火帯を10分ほど進みます。
画像


防火帯を過ぎれば、再び森の中。10時45分、鎮西池を過ぎれば、最後の急な登りへ。
5分ほどで、初狩駅への分岐を過ぎ、最後ひと登りすれば、いよいよ山頂に到着です。
画像


10時50分(大鹿峠分岐から45分。標準60分)。標高1620m。滝子山山頂。あいにく、今日は曇りで、大菩薩の峰々や富士山は望むことができません。
ただ、これからの時期はつつじのシーズン。まだちょっと早めでしたが、少し咲いているものもありました。
そこにとまっているのは…。
画像


名前はわかりませんが、立派な蝶ですね。
のんびり山頂で、ランチ。今日は怠けて、荷物を軽くしたので、普通にパンとカルピスウォーター、ゼリーのみ。


曇っていて、視界が広がりそうにないので、11時45分に下山開始。
初狩駅方面へと下っていきます。
山頂から下り始めるとすぐにつつじのエリア。まだつぼみ状態なんで、来週あたりですかね。
でも、気の早い木はこんなにきれいに。
画像


そんなエリアには三角点がポツリ…。なんで山頂じゃないんだろう・・・。
まあ、それはさておき、ここからが急な下り・・・。これが登りだときついだろうなというくらいの下りです。
ツツジが満開になれば、ホント素晴らしい区間だと思いますけどね。

下り始めて10分ほどで、男坂・女坂と、登山道が二手に分かれます。
男は黙って、男坂…。まあ、下りだしね。
男坂も、なかなか急な下りが続きます。
画像


膝に来ますが、新緑がきれいです。
登りの時ほどではないですが、鳥のさえずりが聞こえ、静かな山歩きです。

15分ほどで、男坂と女坂が再び合流。すると、ちょっと傾斜がなくなり、開けたところへ。12時10分、檜平に到着です。ゆっくり休んでいる方がいましたが、ホントのんびり休むにはいいところです。
画像


檜平を過ぎれば、再び登山道は、どんどん高度を下げていきます。
しかし、何度も書いちゃうけど、緑がきれいだ!
画像


12時30分、立河原方面への分岐を過ぎると、スギ林に入り、折れて折れて折れながら高度を下げていきます。
20分ほどで、藤沢川の沢へと下りてきました。小さい沢ではありますが、下りも、また沢沿いの素晴らしい山歩きが出来そうです。
ただし、登りの平ツ沢とは違って、石がゴロゴロ、流木がゴロゴロ、かなり荒れた感じの沢です。木々も、こちらは杉が中心です。

そんな沢沿いに歩きますが、何度も沢とクロスするので、歩いていて、また楽しい!
画像


登りとはまた違った沢の道を30〜40分も歩ける幸せ〜♪しかも、きつーい下りを下りきった後で、下りの傾斜はそれほどでもない。ただ、木の根、石ころと足元は要注意ですよ。

13時25分(山頂から100分、標準110分)、何度もわたった沢を渡り、少し開けたところに出ると、沢沿いの登山道は終了。

ここからは林道みたいなところを緩やかに下っていきます。
5分強で、民家があらわれ、登山道入り口に出てくれば、ここからは舗装道路を下っていくのみ。
のんびり、のどかで、きれいなお花が咲く藤沢集落を歩いて下り、笹子川に架かる橋を渡り、国道20号に出て・・・。
14時(藤沢集落からはほぼ標準通り)、標高500m・初狩駅に到着し、登山終了です。


いや〜、ホント沢の水、新緑の緑、早咲きのつつじと目に鮮やかで素晴らしい森。
沢の音、鳥のさえずり、風の音・・・。耳に心地よい森。

色と音を楽しめる山・滝子山。
かなりお気に入りの山がまた一つ増えた山歩きでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。山歩きしてましたか。今は緑がホントに綺麗だね。アップルグリーン色?ていうのかな…とくに沢沿いが素晴らしい。

やっぱ1500m位の山が楽ですね。私も山梨の山行こうそしてくろ玉くろ玉(^^ゞ
ナンチャン
2012/05/31 07:36
ナンチャンさん、こんばんわ。
やっぱり、新緑はきれいですよね。山でも一番好きな季節です。

もうそろそろ梅雨ですから、お気をつけて、楽しんできてくださいね。
こしくん
2012/05/31 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
新緑日帰り登山・滝子山(笹子〜平ツ沢〜滝子山〜藤沢〜初狩駅) ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる