ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 北アルプス前銀座縦走5日目(9/1)・徳本峠〜明神〜上高地

<<   作成日時 : 2011/09/07 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9月1日(木)、ついに北アルプス前銀座(パノラマ銀座)を縦走してきた夏休みも今日で終わり。
(前日・蝶ヶ岳〜大滝山〜徳本峠のレポはこちらから>>> http://koshino.at.webry.info/201109/article_8.html )


今日は上高地に下り、家へと帰らなければならない…。ホント、さびしい・・・。

朝6時過ぎに起床。外は雨。土砂降りではないが、結構本降り。時折、窓をたたきつけるように降っている。
登山道補修の方々、昨日が作業最終日で、お二人は既に朝早く下山されたということで、残っているお一方と7時前に朝食。天気予報では、この後いったん曇りになる予報でったので、小屋の中で、少し小降りになるのを待つことにしました。
なかなか治まらない雨。小屋のお兄さんは、水の出が悪いと水場を見に行っていった。登山補修のおじさんと二人、「雨やまないですかね〜」とか話をしながら、ひたすら待つ…。


9時を過ぎたくらい、小屋のお兄さんが戻ってきたくらいに、ようやく小降りになってきた。そろそろゆっくり下っていきますか…。
名残惜しいですが、小屋のお兄さんに「今度は霞沢登りにまた来ます!」と宣言!?して、9時半に出発しました。ありがとう、徳本峠小屋・・・。

歩き始めると、雨はほぼ止んでくれました。徳本峠からの下り道、小屋の皆さんや昨晩ご一緒させていただいたみなさんがしっかり整備してくださっているので、歩きやすくて、快適に下っていきます。崩落個所も、しっかり補修されていました。ありがとうございます。
画像


小屋から10分ほど下っていくと、沢が現れ、そのあとは基本、沢に沿って歩いていくルートになります。梓川のむけて、急斜面を下る沢だけに、流木や大石など、結構荒れた沢。
画像


小さな沢がいくつも合流を繰り返していき、沢も徐々に広がっていきます。
沢に沿いつつ、沢は急なんで、登山道は沢底から離れては、斜面を折れて下り、沢に下り、また離れてを繰り返します。

そんな沢の合間からはガスがかかっているものの、明神岳の中腹がうっすらと…。
画像


天気が良ければ、穂高とか景色よさそうだなあ。

まあ、景色が見えなくても、沢沿いの山歩きも結構楽しいもの。燕岳の花崗岩から、常念のガレ場、蝶ヶ岳のハイマツ、大滝山の湖沼、中村新道の苔の樹林帯、そして最後は沢沿い歩き…。北アルプス七変化。縦走だからこそ味わえる北アルプスのさまざまな表情。沢で締めっていうのも悪くないです。
画像



下り始めて、60分。傾斜も落ち着き、登山道も沢から離れることがなくなってきました。谷の幅も広くなり、緑の色もより鮮やかに。
画像


横尾〜上高地の梓川沿いの上高地街道と呼ばれるルートと雰囲気も似てきて、道もほぼ平坦。もうすぐそのルートと合流する明神だなあという感じに…。
画像



そして、徳本峠から80分。上高地街道と合流し、ほどなく明神に到着です。
明神からまっすぐ上高地に向かってもいいんですが、その足で明神橋を渡ります。
画像


やっぱり、上高地来たら、川魚ファンのボクとしては、雰囲気あるこの嘉門次小屋の岩魚定食を食わなきゃ♪
ということで、早目の昼食として、頭までガブリ!おいしくいただきました。

30分ほど滞在し、いよいよ最後の歩き、上高地への道へ。明神橋を渡ってきたので、右岸コースを進みます。

朝までいた徳本峠は、まだ雲の中のようです。
画像


一方、明神岳は、ガスの合間を縫って、顔をのぞかせてくれました。
画像


右岸コースの魅力といえば、奥入瀬みたいなきれいな渓谷と、小さな湿地帯。渓谷を楽しみながら、最後の歩きを満喫します。
画像


そして、12時半。上高地の中心・河童橋に到着。今回の縦走はいったんこちらで終了です!お疲れ様でした。

最後、河童橋から見えるはずの穂高はガスで中腹まで…。
画像

まあ、仕方ないです。2日目・3日目、しっかりパノラマを楽しめましたし、贅沢は言えません。


河童橋からバスターミナルへ行き、14時40分のバスの整理券をゲットした後、さらに20分くらい歩き、田代橋近くの上高地温泉ホテルへ行きました。
登山の後といえば、温泉。今回は5日間の縦走でしたから、ホント久しぶりのお風呂。13時、ちょうど貸切状態で、5日分の垢をしっかり洗い落とし、無色透明、柔らかいお湯の温泉にゆったり気持ちよく浸り、歩き疲れをいやすことが出来ました。


温泉ののち、再び20分近く歩き、バスターミナルへ。お土産を買い、14時40分発のバスで、ついに上高地を離れました。夏山シーズンも終わり、バスも乗車率半分。そのうち半分は沢渡で下車したので、新島々まで乗ったのは10名ちょっとでした。車窓を見ながら、縦走を終え、夏休みが終わる寂しさを感じ、思わず泣いちゃいそうに・・・。それくらい、いい縦走、いい休みでした。

15時50分過ぎ、新島々に到着。16時過ぎの松電にガタゴト揺られながら、松本へ。車窓から見える山、田んぼ。電車に乗ってくる学生さん。ボクの世代にとって、この路線・この風景はまさにドラマ「白線流し」。頭の中では、スピッツの「空も飛べるはず」が流れた30分でした。


松本からは、スーパーあずさ28号で、ついに帰宅。
鈍行でゆっくり帰りたいところですが、明日から仕事。用具のメンテなど、今日中に済ませないといけませんからね。


前銀座縦走5日間、特に展望が良い2・3日目に晴れて、素晴らしい展望が楽しめましたし、後半は樹林帯の気持ちいい山歩きが楽しめました。なによりも、山でのゆっくりした時間がなによりも贅沢。最高の夏休みでした。

さらば、夏!また行くよ、北アルプス!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょいちょいちょ〜い!!

めっちゃいい天気じゃないですか!怒りますよ(T ^ T)

なんてね!遅くなりましたがじっくり読ませて頂きましたよ、素敵な夏の山旅!いいコース歩きましたね〜、まだ山歴の浅い僕はまだ歩いた事のないコースですけどいいなぁ〜って読んでました。

ほどよく人がいたりするのも北アルプスらしいですね、後半は静かな山歩きが出来たみたいですけどずっと一人きりだと人が恋しくなりますもんね(笑)

大滝山もいいですね、徳本峠の渋さもGOODでまたまた行きたい所が増えちゃいましたよ(^人^)

僕の夏休み見る事の出来なかった景色を楽しませてもらいました、こしくんありがとう(=´∀`)人(´∀`=)
tatsu_m1113
2011/09/10 00:22
tatsu_m1113さん、どうもですm(_ _)m
楽しく読んでいただけて、光栄です!


私も山歩き歴はそんな長くないですし、北アルプスは05年の乗鞍以来、三回目。丹沢も奥多摩も数回ぐらいですし、広く浅くですよ。
ということで、いつも丹沢や奥多摩等、tatsu_m1113さんのレポで、たくさんの未知のルートを楽しませてもらってますから。ありがとうございます(^_^)
こしくん
2011/09/10 09:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北アルプス前銀座縦走5日目(9/1)・徳本峠〜明神〜上高地 ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる