ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 北アルプス前銀座縦走3日目(8/30)後編・常念岳〜蝶槍〜蝶ヶ岳

<<   作成日時 : 2011/09/04 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

8月30日(火)。朝一で登頂し、常念岳からの最高の眺望を楽しみました。
(3日目前編・常念小屋〜常念岳はこちらから>>>  http://koshino.at.webry.info/201109/article_4.html )

この眺望に後ろ髪惹かれる思いでしたが、7時45分過ぎ、下山開始し、蝶ヶ岳へ向かいます。
常念小屋側同様、ガレた岩場で慎重に下っていけば、山頂はあっという間に小さく…。
右手には穂高が常についてきてくれますよ♪

常念からの下りが終わる付近では、ニホンザルの群れが…。
画像

ちょっと、登山道のど真ん中なんですけど…。
仕方ないんで、ちょっとお邪魔します…。ごめんなさいね。

8時55分、一つ目の登り返しに。山歩き3日目、しかも常念への登りで疲れたところの、登り返しはきつい!
9時15分、一つ目のピーク・2512mに到達。同じルーツを歩く方々と、槍や穂高を眺めながら、15分ほど休憩。60代の男性の方と「思った以上にきついですね〜」と会話していると、同じく60代の単独行の女性の方が、さらっと「槍かっこいいですよね〜。展望が良くて、楽な道でいいですよ。」と・・・。やっぱり女性は強し・・・。

そのピークから15分ほどは下り。草地を抜けて、樹林帯に入ってくると、再び登り返しです。2つ目のの登り返しも20分ほど、2592m地点に到達し、10時5分にクリア。

ここからの下りはお花畑。もう夏のお花は終わりですが、初秋のトリカブトなどもチラホラと。途中1か所、静かな沼もあります。そんなお花畑を下っていくと、次なる登り返し・蝶槍が見えてきます。
画像


そんな道を20分ほど下ると、いよいよその蝶槍への登り返しです。こちらも樹林帯の登り。なかなかの急登です。樹林帯で展望も若干いまいちですが、合間から見える槍穂に励まされます。
画像


登ること25分ほどで、樹林帯を抜け、再びハイマツ帯へ。グッと景色も良くなって、景色をパワーに、深呼吸。よし元気が戻ってきたぞ。もう少しで、蝶槍のピークだ!
画像


11時20分、蝶槍に到着です。歩いてきた尾根も一望です。よう歩いてきたなあ。
10分ほど休憩し、少し下ったところにある三角点・2664mのある少し開けた丘へ。
槍も、蝶も、霞沢も、安曇野も一望できるここで、昼食です。
画像


ジェットボイルくんでカップヌードルとカフェオレ。なんで山で食べるラーメンはこんなにうまいんだろう!
槍穂の景色も、空気もうまいし、風は気持ちいいし、最高のレストランです。

12時15分、昼食を終え、蝶ヶ岳へ出発。5分ほどで横尾への分岐地点へ。そこからはハイマツ帯の緩やかなの登りで、蝶ヶ岳頂上まではもうちょっとです。このハイマツの道、傾斜もそれほどきつくないし、展望最高!
画像



12時40分、今日の宿・蝶ヶ岳ヒュッテに到着。早速チェックイン。今日は宿泊が少ないということで、一人2畳使えるとのことで、ラッキ〜。ゆったり休めそうです。

荷物をおいて、ヒュッテからすぐの蝶ヶ岳最高部・2677mへ。
画像


穂高が本当に真正面。間を隔てる梓川も望むことができます。
画像


穂高の右手の槍も、相変わらずかっこいい。振り返れば、やっぱり槍がいます。
そんな最高の景色を見ながら、ぼ〜っと。ゆったりとした午後のひと時。
日常ではあり得ない、贅沢な時間が流れていきました。


そして、17時半に夕食。その後迎える夕暮れ。何とも幻想的な光景が繰り広げられました。
何とも言えない、淡い茜色の空。浮かび上がる穂高…。
画像


赤く染まる空・雲、夜を迎えた空、穂高・槍の山影と雲。見事な共演。
画像


常念から歩いてきた尾根道には滝雲。
画像


やっぱり、自然が見せてくれる光景というのはすごいですね。
この日の夜もきれいな星空、そして安曇野や松本平の夜景がきれいに見えましたしね。

今日もいい縦走が出来ました。おやすみなさい。

翌4日目のレポ(蝶ヶ岳〜大滝山〜中村新道〜徳本峠)はこちらへ>>>
http://koshino.at.webry.info/201109/article_8.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
蝶ヶ岳、行った事あります。
十数年前ですけど。ヒュッテで1泊しました。
あの時の綺麗な朝日は、いまでも忘れられません。
TonTon
2011/09/10 08:34
TonTonさん、お早うございます。

あいにく蝶からの朝日は見られませんでしたが、東に安曇野・松本・美ヶ原、西に槍・穂と景色もいいですし、素敵な朝日だったんでしょうね。
普段は日帰り登山ですが、泊まりだと、朝日に、夕日、星空と街とは違った素敵な光景に出会えるのが、すごい魅力ですよね(^_^)

また、泊まりで行きたいな、と思ってます。
こしくん
2011/09/10 10:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北アルプス前銀座縦走3日目(8/30)後編・常念岳〜蝶槍〜蝶ヶ岳  ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる