ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 日帰り初詣登山・筑波山(松石-薬王院-男体山-女体山-つつじヶ丘-筑波山神社)

<<   作成日時 : 2011/01/05 23:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は天気もよさそうなので、今年最初の登山&初詣に行ってきました。
今年も、昨年に続いて、日本百名山で関東平野を見下ろせる新春にふさわしい展望が良い山、そして縁結びの神様の山でもある筑波山へ。
ただ、昨年も来ているので、今回は前回(御幸ヶ原コース-白雲橋コース)とは別ルートで歩くことにしました。


つくばエクスプレスで7時過ぎにつくば駅に到着。7時20分のつくバス北部シャトルで、筑波山の麓・筑波山口へ。運賃400円・7時55分に到着。筑波山口は、昔つくば鉄道というのがあって、その駅があったところ。いまでもその趣が残っており、筑波山神社の門前町にもなっています。少し歩くと筑波山神社への由緒正しい石階段もありますし、ここから筑波山神社口・つつじヶ丘へのバスも乗り継げますが、今回は筑波山神社には直接向かわずに、こちらで土浦から来る関東鉄道バスの真壁行きに乗り換えです。

この真壁行きですが、平日のみの運行で、1日2〜3本のみ。朝は筑波山口を8時12分に出るバスしかないんです。帰りに利用するにも、午後の筑波・土浦方面行きは17時のみ。冬は暗くなるのが早いし、使えません…。ということで、今回は行きに利用しました。
乗客は、私以外に1人だけ。運転手さんに乗るときに、「真壁行きですよ?」と聞かれるくらいなんで、利用者がいなんでしょうね。「酒寄北まで」と答えると、「薬王院ですか?」と会話になりました。運転手さん、薬王院はホントにおすすめらしく、特に秋・モミジの時期がホントにいいと、熱く語っていらっしゃいました。また、運転手さんから、酒寄北よりも、その一つ先の松石からの方が道がわかりやすく、歩きやすいんで、同じ運賃(筑波山口から310円)だから松石まで行った方がいいよと、アドバイス。運転手さんのアドバイスに従い、8時20分頃、松石で下車。下車時に運転手さんが、あの道を行けばいいからと教えてくれました。

松石のバス停そばには薬王院の標識もあり、それに従い、アスファルトの道を歩いていきます。松石は関東平野。標高は30メートルくらいです。農業用のため池と思われるつくし湖を眺めながら、薬王院に向け、クネクネとどんどん高度を上げていきます。この付近は見事な竹林が…。高度があがるにつれ、関東平野を広く臨めるようになります。バス停から2キロ強。8時45分に標高190m・薬王院に到着です。
<薬王院>
画像

薬王院は782年開基の天台宗の寺院。樹齢500年の椎の大木があるほか、1704年建立の三重塔、1680年建立の本堂、1688年建立の仁王門、庭園などがあります誰もいない静かなお寺はホントにいい雰囲気。

なんか心がすっとする感じです。モミジや梅の時期には、さらによさそうですが、静かなお寺も悪くないですね。登山の安全を祈願して、9時に薬王院を出発しました。


薬王院のすぐそばにある登山道を入ると、本格的な登山道。薬王院コースを紹介している本は少なく、歩いている人も少ない(本日、出会ったのは2名)ですが、ところどころ距離や標高の書かれた標識もしっかりありますし、階段もしっかり整備されており、快適な登山道です。(ただ、筑波山頂までの距離は登山道途中の標識では約3キロ、登山道入り口にある筑波山コースガイドでは2.3キロなど、結構バラバラですが…。今回は3.0キロの標記に従います。)
薬王院から約25分、約1.4キロ・標高420mのところで、林道とクロスします。そこを過ぎると、急傾斜に。ひたすら続く階段を上っていきます。
画像

これが、本当に長い。しかも、林に囲まれており、今の時期こそ葉が落ちて、合間から関東平野が見えますが、景色がいいとは言えない…。少し丹沢の大倉尾根と似てるかも…。でも、大倉尾根のように人気がないので、ホントに静かな山歩きができるし、階段でぐんぐん高度があがり、山頂に近づいている感じがわかるので、そこは違いますね。

薬王院から約45分、約2.0キロ・標高690mを過ぎると、そんなきつい階段区間も終わり、緩やかに・・・。
画像

この辺から、山頂もはっきり見えてくるので、俄然元気が出てきます。約5分強で、薬王院から約2.5キロ、男体山頂下を周回する自然探究路に合流します。標識では左手に男体山山頂と書かれていますが、右手に進んだ方が、ごくわずかですが遠回りにはなりますが、展望が格段にこちらサイドの方が良いというのを去年来た時に知っていたので、右に折れます。
すこし登っていくと、西側への視界がどんどん開け、上信越・日光方面の雪のかぶった山々やから麓の薬王院や松石のバス停も見えてくるようになります。

そして、薬王院から65分で標高800m・第2展望台へ。ここからは上信越から秩父、富士山、東京、千葉方面まで関東平野を一望。少しかすんでいますが、浅間山も、富士山も、スカイツリーや東京の高層ビル群も見ることができました。(かすんでいたので、写真に撮るのは難しかったんですけどね…)
は男体山山頂よりも、第二展望台、そこから5分ほど御幸ヶ原方面に行った立身岩にある第一展望台の方が、景色がいいと思っています。しかも、ここまで来る人は少ない。ゆっくり景色見ることができます。第二展望台、第一展望台で5分ずつ休憩して、眺望を堪能しました。
<展望台から見える関東平野と上信越・日光方面の山々>
画像


その後、男体山山頂へ。さすがにケーブルカーが来る御幸ヶ原から来る人で、男体山山頂へのルートは、それなりに人がいます。第一展望台から約10分、10時半に標高871m・伊弉諾を祭る男体山山頂に到着です。二拝二拍一拝、しっかり参拝。関東平野を再度、見下ろします。こちらも5分ほどで出発。
<男体山山頂からの関東平野と富士山>
画像



10分で標高800m・御幸ヶ原へ降り、こちらからは那須方面を一望。
画像

しかし、日がどんどんのぼり、どんどん遠方がかすんできていました。

御幸ヶ原からは1年ぶりの女体山への道。10分強、10時55分過ぎに標高877m・伊弉冉を祭る女体山へ到着です。筑波山の最高峰。男よりも女の方が高いんですよね。やっぱり女性の方が強いですから。登山道も男体山には山頂を取りまくように自然探究路がありますが、女体山にはなし。女体山から出した手に抱かれているようです…。女体山からは男体山から東京・千葉から霞ヶ浦、水戸方面が一望できます。岩の上で高度感も抜群。
画像

こちらでも、しっかりお参りをした後、20分ほど、景色を堪能し、11時15分、下山開始です。


下山は弁慶茶屋跡までは前回と同じ白雲橋コースですが、その先はつつじヶ丘方面のおたつ石コースに進み、つつじヶ丘からは迎場コースに入り、筑波山神社へ下っていくことにしました。
ここから弁慶茶屋までは、大きな岩のそこそこ急な道を下っていくことになりますが、大仏岩や屏風岩、北斗岩、裏面大黒、出船入船、国割り石、陰陽石、母の胎内くぐり、弁慶七戻り等の奇岩が続いており、つらい下りも退屈せすに歩けます。
画像

女体山頂から30分・標高700m弁慶茶屋跡に到着です。

弁慶茶屋をつつじヶ丘方面に折れ、おたつ石コースへ。10分ほどで林を抜け、低木が広がるつつじヶ丘高原へ。つつじヶ丘や霞ヶ浦方面へ一気に視界が開けます。
画像

他のコースにはない、筑波山の一面が見られるコース。陽だまりハイクで、下りでも寒さも感じず、気持ちの良い山歩きです。つつじの時期はホントきれいだろうな。展望を楽しみながら、弁慶茶屋から30分弱・12時5分には、標高560m・つつじヶ丘へ。

迎場コースに入ると、舗装された区間が多く、ベンチも多くあり、快適なくだり道ですが、杉や松の大木に囲まれた神聖な雰囲気のあるコース。
画像

白雲橋コースやおたつ石コースと違い、人もほとんどいないので、ホントに静か。途中、清水が流れていましたが、ご神体・筑波山から湧き出た清水であり、まさに聖なる水ですね。飲みはしませんでしたが、つい手を伸ばしてしまいました。つつじヶ丘から約30分強、12時40分に標高240m・筑波山神社前まで下山し、新年最初の日帰り登山は終了です。



下山後は、まず汗と疲れを洗い流して…。今回は、筑波山神社の前にある筑波山温泉・青木屋さんで日帰り入浴(1050円)を利用させていただきました。こちら青木屋さんの温泉は、最上階の7階に位置し、筑波山中腹から、関東平野を一望できる素晴らしい展望風呂と露天風呂があります。今日は風もなく、日差しがあたたか。露天風呂日和。おまけに私が行ったときは貸切状態。最高の温泉となりました。
<青木屋の露天風呂>
画像


さっぱり、きれいになった体で、筑波山神社の表門から筑波山神社へ行き、初詣の仕上げ。頂上でのお参りも合わせ、筑波山神社でしっかりと参拝させていただきました。
画像

こちらでは破魔矢とお守りも購入。筑波山神社は演舞す美の神様ですからね。自分の努力は必要ですが、神頼みも必要ですよね。
そして、おみくじ…。結果は……、「吉」!!いい年になるに違いありません(笑)

そして、14時10分、筑波山神社口バス停からつくば駅への直行バスで、14時50分、つくば市街地へ下り、今年の初登り・初詣は終了です。天気に恵まれ、いい登山&温泉&寺社巡りとなりました。筑波山はコースもいろいろ、眺望もよくて、いい神社も温泉もありますし、初登りにはぴったりですね。1年の始まりとしては、良いスタート。今年もいい登山が期待できそうです♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年初登山お疲れ様でした(^^)

とても良い天気に恵まれたようで良かったですね・・・しかし筑波山からはこんなに綺麗に日光の山々が見えるんですね〜、展望も素晴らしいですね!

しかも温泉まで・・・今年は良い一年になる予感がしますね〜(^^)

ところで、もし差支えが無ければこしくんさんのブログを僕のブログのお気に入りに載せたいと思うのですがいかがでしょうか?
tatsu_m1113
2011/01/07 00:16
tatsu_m1113さん、今年もよろしくお願いします。
このブログをお気に入りにしていただき、光栄です(^^)いくらでも宣伝してください!

筑波山は雪が積もることはほとんどなく、空気の澄んでいる冬には栃木・埼玉・東京・神奈川・千葉・茨城と関東平野を360°一望でき、眺望の良さはピカイチ。それなりに登り応えもありますが、しっかり整備されているので初心者でも行けますし、冬におススメの山です。

写真家tatsu_m1113さんなら、いい写真をいっぱい撮れると思いますよ。
こしくん
2011/01/08 00:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日帰り初詣登山・筑波山(松石-薬王院-男体山-女体山-つつじヶ丘-筑波山神社) ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる