ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 西丹沢で沢登り

<<   作成日時 : 2009/08/31 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、西丹沢にシャワークライミング(沢登り)に行ってきました。

5月末の屋久島ツアーのガイドだった敷島さんから、沢登りのお誘いを受け、アウトドア用品のキャラバンで体験会をやるとのことで、2ヶ月前に申し込み、楽しみにしていました。家から丹沢までは、意外と近いのですが、集合時間が早く、始発〜千代田線〜小田急〜御殿場線では間に合わないため、始発の次〜東海道新幹線〜小田急〜御殿場線で、谷峨まで行き、そこで敷島さんにピックアップしていただき、現地についたのは8時半頃でした。

天気予報は雨でしたが、森の中で少しポツリきたぐらいで、晴れ間も見えるくらい、夕方近くまで持ちこえ、まずまずのコンディション。

まずは敷島さんと、キャラバンの岡部さん、岡さんによる道具指導。安全確保のため、かなり重要で、真剣に聞き、一回実際にやってみてから、出発。

沢に入り、上流へと歩きます。沢の水がすごい気持ちよく、じゃばじゃばと歩くのも、山登りと違った感覚で面白い。沢登り用の靴は滑りにくくて、快適。まあ、川の流れで足がとられそうになることもありますが、流れがありますが、水しぶきを浴びると、それもまた気持ち良く、ホントに楽しいものでした。

ただし、訓練したことを活かすようなところは、冷や汗もん。防砂ダムなど通れないところは、避けて谷から上がります。敷島さん、岡部さんたちがロープをはり、道具を使って、万一の場合、墜ちないようにしながら、急傾斜を登りました。で、なによりも緊張したのは滝の登り降り。登りは三点支持で登りましたが、岩は滑りやすく、水の圧力ありで、登りにくい。さらに登りはじめに岩肌が一部ずれ落ちたのには焦りましたが、岩にしがみつきながら、なんとかクリア。下りは懸垂下降。よくテレビとかで岩場やビルの壁面でやっている腰にロープをつけ、ロープを操り、壁を蹴るように降りるあれです。高所恐怖症の私は、降りる前、ホント緊張しました。まあ、テレビのようにはいきませんでしたが、ゆっくり慎重に降り、クリア。ロープで、手のひらが少し痛かったです。

帰りは、沢を歩いて下り、途中からは林道へ。2時頃に出発地点に戻りました。その後、中川温泉に立ち寄り、入浴。沢で濡れた後のお湯は気持ちよかったです。

沢は水、緑、岩、苔と、山登りとは違った自然が楽しめ、楽しかったです。水に入ると気持ち良いし。
なかなかロープを張ったりするような崖や滝があるところはひとりでは行けませんが、ちょっとした渓流など、夏場はいいですね。
また、行ってみたいと思った丹沢沢登りでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
西丹沢で沢登り ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる