ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏山日帰り登山・尾白川渓谷〜日向山

<<   作成日時 : 2009/08/12 23:57   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

青春18きっぷ×日帰り登山も第3弾。よく続くもんです・・・。
今回は、尾白川渓谷〜日向山ルートを日帰りしてきました。

恒例の武蔵野線始発〜中央線〜中央本線で韮崎駅に着いたのが8:29。
そこから、土日限定の「清流・甲斐駒エリア周遊バス」に乗り込みました。
今日は土日ではないのですが、お盆の期間だけ平日も運行しているんです。
このバス、名所やキャンプ場などレジャー施設に寄るため、細い道に入ったりと、遅くて、かつ本数が少ない。
行きも帰りもの乗客4名。来年は土日のみかもしれませんね。
しかも、目的地の尾白川渓谷バス停は、8月の夏山登山時期。渓谷駐車場での折り返し二時間がかかるため、1キロ以上手前で折り返しになっており、計算外なことに15分強歩くはめに。

そういうわけで、当初予定よりも遅い10:15尾白川渓谷駐車場を出発し、尾白川トレッキングコースの渓流道を歩きました。
<涼しい風が吹き抜ける尾白川渓谷>
画像


川底からのひんやりした空気、森林は美しいのですが、かなりアップダウンが激しく、まさに登山コース。
<美しい緑の森>
画像


駐車場の標高は約800m強ですが、2時間ほどかけて到着した不動滝は標高1,200m近くと、かなりあがります。途中、岩場みたいなところ、木の根の部分をよじ登るような所もあり、滑落の危険もある、結構ハードな道で、汗だくになりました。ただし、緑と滝は、苦労しただけあって、本当に素晴らしいの一言です。

<神蛇滝>
画像


<不動滝>
画像



普通は不動滝で折り返し、滑落の危険が低い尾根道を引き返すのですが、今回は錦滝へ抜け、日向山を目指しました。不動滝〜錦滝は、崩落箇所があり通行止めとの情報がありますが、崩落箇所があるのは事実です。人通りも少ないため、不動滝〜錦滝への林道に出る所はわかりにくいですし、なによりも錦滝の標高1,300mまであがるため、階段やらすごい傾斜で、不動滝までで疲れた足には相当きついです。また、錦滝への林道には崩落箇所があり、登山になれた方であれば、慎重に行けば通れますが、あまりおすすめは出来ない道でした。錦滝までは不動滝から30分強ですが、きついのは林道に出るまで。林道は崩落箇所を除けば、比較的傾斜も弱く、歩きやすいのが幸いでした。
<崩落した林道>
画像



錦滝からは、日向山ハイキングコースへ。といっても、全然ハイキングコースではなく、きついトレッキングコース。不動滝から同様のかなりきつい傾斜で、こちらも滑落してもおかしくないぐらいつらいです。不動滝〜錦滝と違って、登山ブックなどに載っているコースですが、まったく人に出会いませんでした。かなりつらい登りのクライマックスは、森林帯を抜け、広がる雁ヶ原。
<緑の世界から広がる白い世界・雁ヶ原>
画像


花崗岩の白砂で、非常に美しいのですが、疲れた足で、さらに砂浜を登っていくような感じになり、また日差しもあるので、これまた疲れます。でも、尾白川からたくさん味わってきた沢や森林とはまったく違う白砂の光景と、遠くに望める南アルプスなどの山々の光景は、素晴らしい!!の一言。
<山頂付近の砂浜>
画像


少し雲がかかった瞬間も幻想的でした。錦滝から約1時間で白砂の日向山山頂・標高1,660mに到着。山頂付近からは八ヶ岳方面も一望できます。ほんと、登った甲斐があった
<山頂からの八ヶ岳山麓方面の展望>
画像



山頂からは、唐松林のハイキングコースを下っていきます。こちらは、名前の通り、ハイキングコース。大きな段差はなく、傾斜も底まで強くないので、このコースの往復なら、登山初心者でも十分大丈夫。疲れた足でも軽やかに、1時間ほどで、日向山の登山口にあたる矢立石・標高約1,100mに到着。バス利用の私は、ここからさらに40分、ハイキングコースよりはやや傾斜がきつい(でも、錦滝〜日向山よりはずっと楽)な山道を下り、尾白川渓谷駐車場についたのは15時半すぎでした。

バスが手前で折り返しのため、再び車道を下ること約25分。名水公園・べるがの湯に立ち寄り、高濃度ミネラルの×南アルプスの天然水のお肌に優しく効きそうな温泉につかり、甲斐駒周遊バスで岐路に着きました。
<べるがの湯へ車道を歩く。夏の田園に、遠くには八ヶ岳>
画像



さすがに毎週始発で出発し、今回みたいに標高差がきつい所はしんどいですね。青春18きっぷ×日帰り登山、来週は決行するか少し考えることにします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
何度か登って悪天候で断念してた剣ヶ峰
日本最高峰を示す記念碑では写真撮影の行列が。。。 ...続きを見る
登山したい人のブログ
2009/09/18 23:20

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏山日帰り登山・尾白川渓谷〜日向山 ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる