ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗城史多さん

<<   作成日時 : 2009/02/22 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日の昼、フジテレビで、栗城史多(くりきのぶかず)さんという登山家の、マナスル(8000mを超える山)への挑戦のドキュメンタリイーが放映されていました。

やっぱり山はいいですね。青い空、白い雪、とても美しい光景がそこにはありました。厳しいところだからこそ、見られる景色。そこがやはり山登りの魅力。さすがに8000メートル級の山ともなると、テレビで見ているだけでしたが、その美しさは格別なものがありました。
でも、とても雪山などへは怖くていけません。なだれ、ジェットストリームなど自然の驚異も半端ではない。クレパスのシーンなど、テレビで見てるだけで怖かったです・・・。
それぐらい迫力のある映像でした。

まだ26歳、登山は大学から始めたという栗城さん。わずか、数年で、こんなすごい山に登るには、相当な苦労と努力があったんだろうなと思います。逆に努力がなければ、ここまではとても出来ないことです。すごい方だなあと思いました。
今年の春にはエベレストで単独・無酸素登頂に兆戦されるそうです。ぜひ成功し、元気に帰ってきてもらいたいですね。


さすがに雪山は無理ですが、今年もどこか山に行きたい、またあきらめずに努力する大切さを知った日曜のお昼でした。


栗城史多さんのサイト
http://kurikiyama.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
栗城史多さん ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる