ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の山旅日記〜秀麗富嶽十二景・岩殿山を歩く(14/12/28)後編

<<   作成日時 : 2015/01/07 23:16   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日からお届けしている、山旅日記・岩殿山編。
http://koshino.at.webry.info/201501/article_6.html
前編では麓から岩殿山山頂をハントした後、築坂峠を過ぎたところまでお届けしました。
後半はこの山行のクライマックス部分からスタートです。

9時50分、林間コースと分岐して間もなく、それはすぐにやってきました。

兜岩に向けての、クサリ場2連発。
画像


画像

足や手の掛けるところがわかりやすいので、まあ問題はないと思いますが、ちょっと岩がもろいのかポロポロ小砂が落ちてくるのがちょっと高所恐怖症のココロを脅かしてくる感じです。
順番に通過。5分ほどかかりました。

さらに5分ほど進むと、さらなる試練。今回の山行最大の山場(ずっと山ですけどね。。。)がやってきました。
画像

グレートトラバース!!通過後振り返ってみます。それなりの幅でしっかりした足場はありますが、高度感はあるので、崖下は覗けないです・・・。

そして間髪入れずのクサリ場。
画像


こちらも順番にゆっくり10分ほどで通過。ふ〜、やっぱ高いところは大嫌い!!!高さを感じなければ、岩場とかは嫌いじゃないんですけどね〜(涙)

今回最大の山場を過ぎれば、あとは緩やかな登り。木々の合間から見える富士山に癒されます。
画像

松と富士。なんだか縁起がいい。

築坂峠から40分(標準35分)、10時30分、天神山・標高590mに到着。5分ほど休憩。滝子山等の稜線がきれいに見えますね。
画像


ここからが若干の下りののち、また緩やかな登り。15分ほど(標準通り)で、いよいよ岩殿山に並ぶ今回の山行の目的・稚児落とし(標高590m)の岩壁が目の前に登場!
画像


ひと登りすれば、その岩壁の上へとあがっていくことができます。先ほど通った道、天神山、岩殿山がきれいに見えます。
画像


ちょっと早いですが、今回はこちらでランチです。
持ってきたカップラーメンをジェットボイルで沸かした湯でいただく。みな、それぞれのランチ。
と同時に、チョコレートフォンデュを作っていただきました。バームクーヘンを浸して食べると、うまい!
さらに私が持ってきたプレミアム缶つまを軽くバーナーで温めていただく。あ〜お酒が欲しくなる!

ゆっくりランチを楽しみ、12時過ぎ、稚児落としを後にします。
あの岩壁からは想像がつかないくらいの、普通に枯葉のじゅうたんの下り。もう高度感とは無縁です。
画像


20分ほどで、民家のわきに出てきて、そのあとは舗装された生活道路へ。後はそれを下っていき、桂川を渡るとちょっとした登り返し。

40分ほどで、大月駅までやってきました。大月駅西の跨線橋からの大月駅と岩殿山。絵になりますね。
画像


大月駅で5分のトイレ休憩後、大月駅を通り越すと、真正面に今回の山行の山場となった兜岩、その手前の岩場を下から望むことが出来ます。
画像

こうして歩いたコースを稚児落としのように上から、また大月駅周辺のようにしたから、歩いた時に加えて、三度も楽しめるとこもいいですね。

大月駅から約15分、13時20分、高月橋に到着し、本日の山行は終了です。お疲れ様でした。

今回の山行は車で連れて来ていただいたので、早く終わった分、もう一座行くことにしました。

秀麗富嶽十二景で岩殿山とセットで選ばれているお伊勢山。車で行けば、数分程度の登りがあるだけです。
画像


こちらからの富士山はこちら!
画像

確かにきれいですね〜。このお伊勢山は桜の木が3000本もあるらしいので、春は本当にいいでしょうね。

ということで、岩殿山とお伊勢山、秀麗富嶽十二景第8座を完全制覇です。

その後、笹子にある笹一酒造、上野原に秋山温泉へ立ち寄り。都心へ。
電車だとこの近辺温泉がないんで、なかなか来ないんですが、車だと行動範囲は広がるのがいいですね。
車を出していただき、本当にありがとうございました。

ということで、楽しいSNS山仲間との初山行は以上。
岩殿山はコンパクトながらもなかなか中身の濃い山で、おもしろかった〜。
2014年の登り納めは楽しい充実したものとなりました。ありがとうございました。
今年もこうした楽しく充実した登山が出来ますように!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の山旅日記〜秀麗富嶽十二景・岩殿山を歩く(14/12/28)後編  ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる