ソラ-ボクたちの絆-

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の山旅日記〜登り初め、富士を拝もう、愛鷹で(愛鷹登山口〜黒岳〜越前岳〜十里木)後編

<<   作成日時 : 2015/01/20 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日からお届けしている今年の登り初め、愛鷹山山行の模様。
前編では愛鷹登山口から黒岳を経由し、越前岳の東の稜線にある富士見台・標高1410mまでやってきました。
http://koshino.at.webry.info/201501/article_20.html

さあ、富士見台ではこんな光景を愛でながらのランチです。
画像

富士山綺麗ですね〜。こちらからの富士山は戦前の50銭札の絵柄になったそうですよ。

こちらで50分ほど休憩した後、13時55分、越前岳山頂に向けて最後の登りへ。
相変わらず登山道は凍っておりますが、富士見台の手前と比べるとかなり溶けている部分も多く、だいぶ楽になりました。そして、約20分ほどでしょうか、14時15分、越前岳・標高1504mに到着です!
画像

山頂は日当たりが良いのと、登山者が多いのか、ぐちゃぐちゃ。後程すれ違った地元の方が、あそこは田んぼと言っていましたが、確かに・・・。ここで絶対転びたくないし、モノを落としたくない・・・。
そんな田んぼの山頂ですが、景色はめちゃくちゃいいんです。

上の写真の後ろに見える峰々は南アルプスの山々です。南アルプスもこうしてみると長〜いですね。

その右手には、富士山が。まあ、木々があるので裾は見えず頭だけですけどね・・・。
画像


富士山の逆側には伊豆半島の山々。
画像


少し西へ目を向けると西伊豆の海岸線も。
画像


こちらは富士市・静岡方面。太陽がまぶしいですが、青の世界。
画像


そんな太陽が照らす駿河湾。三保の松原も見ています。
画像


絶景を楽しむこと約30分ほど、14時45分に下山開始です。
少し凍っているところがあり要注意ですが、富士見台手前ほどではないのが幸い。最後まで転ばずに歩くことが出来ました。

下っていくと樹林帯に入っていきます。
画像

途中では地元の越前岳に登り馴れたオジサンとすれ違い。いろんな地元の方ならではのコースがあるようです。下っているコースはメジャーで登山者も多い銀座コースだとか・・・。

その木々の合間から、そして時折視界が開けるところでは、真正面に富士山と展望は最高の下山コース。
画像


もう少し下ったところではアップしてとってみました。
画像


70分ほど下れば、樹林帯を抜けて、ススキなどの十里木高原の上部に出てきます。
越前岳を振り返るとこんな感じ。
画像


最後展望台を過ぎると、後はススキの脇の階段道を下るだけです。
画像

陽が傾いてきて、ススキが輝いて見えます。きれいです。

そして、16時20分、車を停めていた十里木高原駐車場に到着し、無事登山終了。
こちらの駐車場にはトイレのほか、洗い場もあるのがありがたいですね。山頂付近を中心とした田んぼの泥もきれいに洗い落とせました・・・。

ということで、今回の山旅日記はここまで。
新年最初にふさわしい、最高の富士山を拝めた山歩きとなりました。
ご一緒させていただいた方ともちょうどいいペースで歩けましたし、楽しかったです。

おっと、この後温泉にいったんだった・・・。なかなかよい施設だったので、番外編ということで、明日まで引っ張ります(笑)。ということで、明日もお楽しみに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の山旅日記〜登り初め、富士を拝もう、愛鷹で(愛鷹登山口〜黒岳〜越前岳〜十里木)後編  ソラ-ボクたちの絆-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる